「心穏やかに笑顔で過ごす」ということ。

 

今日は、前回のコラムの終わりで予告したように
「心穏やかに笑顔で過ごすこと」について
お話をしていこうと思います。

 

まっきー
この記事は、全文3,801文字。読むための所要時間は、約5~6分です。

 

まず、先にお伝えしておきます。

 

心穏やかに笑顔で過ごせるかどうか、は、
完全に自分次第、です。

周りの人たち、環境、出来事、とは、
まったく無関係です。

 

「心穏やかに笑顔で過ごすこと」
イコール
「心を乱されることが
何ひとつ起こらないようになること」ではありません。

 

ちょっと厳しい言い方となりますが、
ここはもひとつビシッとお伝えしておきましょう。

 

人は生きていれば
嫌なことも、怖いことも、戸惑うようなことも、
めんどくさいと思うことも、腹が立つことも起こります。
ときに逃げたくなるようなことや
現実だと受け止めたくないようなことと対峙することもあるでしょう。

それは自分がどれほど成長しようとも、
どれほど魂を磨こうとも、
宇宙の法則をバッチリ理解して
望むことをどんどん現実化できるようになっても、
地球でごく普通の人間として生きている以上、
起こり得ることなのです。

 

なぜなら。
私たち人間は、
うれしいこと、楽しいこと、幸せなこと、などの
ポジティブな経験だけを求めて
地球にやって来たわけではなく、
悲しいこと、辛いこと、苦しいこと、
腹立たしいこと、などの
ネガティブな経験をすることも求めて来た、からです。

 

それに
うれしいことしか起こらない。
楽しいことしか起こらない。
幸せなことしか起こらない。としたら…

それが
うれしいこと、とわかるでしょうか?
楽しいこと、幸せなこと、だと思えるでしょうか?

 

私たちは常に物事を”比べる”ことによって
それがどういうものなのか、を判断しています。

つまり、
悲しい、を経験したことがあるから、
今、体験していることが、
うれしいことだ、とわかる。

つまらない、を経験したことがあるから、
今、この瞬間が
すっごく楽しい、とわかる。

絶望的な不幸、を経験したことがあるから、
今、過ごしている日々が
天国のような幸せであること、がわかる。

 

楽しい、しか、知らなければ、
それが「楽しい」というポジティブな感情だとはわかりません。
だって、それが普通の、フラットな状態なのですから。

 

 

「これまで散々辛い思いをしてきたから
もうこれ以上、辛く苦しい経験なんてしたくない。
楽しいこと、幸せなことばかり起こってほしい」

と思われている方もいらっしゃるかもしれません。

 

どうぞご安心ください。

自分の意識次第で
日々の生活の中で遭遇する
嫌だなと思うこと、腹立たしいこと、
辛いと思うこと、などは大幅に減らすことはできます。

これは起こる出来事に対しての
見方・捉え方を変えてみたり、
根本的な自分の意識…
自己肯定感を高めていくことによって可能となります。

 

が、私たちの無意識なのか、魂なのか、
はたまた宇宙の采配なのかはわかりませんが、
「たまにはこんなことも経験しなさい」とでもいうように
悲しいことや苦しいこと、辛いこと、腹が立つこと等が
“絶妙なタイミング”で起こるのです。

 

でも、私が思うに、
こういう出来事は私たちに
今までよりももっと胸躍る楽しさや
もっと深い喜び、幸せに気づかせるため、なんですよね。

「あなたが感じている楽しいやうれしい、
幸せはまだまだそんなもんじゃないよーーー。
もーーっとスゴイ楽しいやうれしいや幸せがあるからね!」と
私たちの魂や宇宙が教えてくれているのです。

 

だから、
「心を乱されることが
何ひとつ起こらないようになること」はあきらめましょう!

だって、それを望むことは、
鼻血が出そうなほどの楽しさ(笑)や
もう死んでもいいと思うくらいの幸せをあきらめること、と
同じなのですから。

 

それよりも
「たとえ心を乱されるようなことが起こっても
すぐに心の穏やかさと笑顔を取り戻せるしなやかな自分」になることを
目指した方が現実的で建設的だろうと思います。

 

 

人間らしい、心のリアル。

 

…と、ここまで書き連ねてきましたが、
正直、わたし個人的には、

いつ何時も心穏やかで笑顔で過ごせるって
ファンタジーだよね

と思っています。(爆)

 

だってねぇ。
人間だし、女子だし、
自分の内側だけ見ても、
ホルモンのバランスで気分はアップダウンするし、
身体も浮腫んだり、ダルかったりするし、
そうなると心に余裕もなくなるし、視野も狭くなる。

そこに外側の現実的な出来事が絡んできたら、
落ち込んだり、イライラしたり、
何もかも嫌になったり…と心はザッパザッパと波立ちますよ。

 

だけど!
そーゆーのって、
とっても人間らしくて良いではないか!と
思うのです。(笑)

いつも心穏やかで平和、
いつも顔には温かでやさしい笑みを…という
ある意味、起伏のない平坦な状態は、
それはそれでつまらないじゃないか、とも思ったり。

 

もちろん、私自身、
ぐずぐず落ち込んだり、イライラしている真っ最中は、
これっぽっちも”人間らしくて良い”なんて思えません。
「もう、こんなの、嫌だー!」
「辛いー。苦しいー。逃げたいー。」と心底、思います。
(人間らしくて良い、なんてどの口が言った!
 全然良くねーよ!(怒)とそのときは思っています・笑)

また
「ブログやセッションでエラソーなこと伝えておきながら、
お前はこのありさまか!全然、実践できてねーじゃん!」と
自分の心を否定の刃でザックザック突き刺しまくることもあります。
(否定しないでねー、とお伝えしてるのも関わらず。
 でも、ホント、自己否定はよろしくないです。
私も否定してることに気付いたらすぐやめますし、
「ああ、ごめんよー自分」とすぐに謝ります・笑)

 

私もごくごくフツーの人間ですから、
こんなもんです。(笑)

 

だけど、心がザッパザッパと波立ち
ネガティブな感情がドパーンと出てくることによって、
過去の経験に紐づいた未消化な感情が解放・浄化されますし、
それに伴って気付けることも本当にたくさんあります。

というか、そうやってネガティブな感情が
私たちが感じられるように表に出てきてくれなければ、
気付けなかったこと、と言ってもいいでしょう。
(だから、ネガティブな感情が出てくるタイミングも完璧なんです)

そして、そのネガティブな感情がもたらしてくれた気付きによって、
私たちは今までよりももっと人生を自由に軽やかに楽しめるようになりますし、
もっと深い喜びや幸せを味わえるようになるので、
「心が乱れるような出来事やネガティブな感情も
捨てたもんじゃないよね」と思うのです。

 

 

心が不安定で穏やかさとはかけ離れた状態が続いている方へ

 

とはいえ、
日々の生活の中で
心穏やかでいられる時間と、
そうではない時間の比率を考えたとき、
圧倒的に後者が多いと、とても生き辛くなってしまいます。

心が不安定で乱れている状態が続くと、
心だけではなく身体や気力も疲弊してしまいますし、
「人間らしくて良いよね」と言えるレベルを超えています。

 

こういう方の場合は、
上にも書きましたが、
起こる出来事に対しての見方・捉え方を変えてみたり、
自己肯定感を高めていくことによって、
自分の意識で心の穏やかさを保ちやすくなります。

 

ただ、出来事に対しての見方・捉え方の変え方や
自己肯定感の高め方については、
今まで自分の世界にはなかった
新たな価値観を”知る”必要がありますから、
参考になる本をお読みいただくか、
プロの方にご相談いただければと思います。

(自己肯定感の高め方については、
3月に講座を開講しますので、
必要だと思われる方はこちらにご参加ください)

 

自分の心が穏やかになれば、
不思議と!自分を取り巻く現実にも
心の穏やかさをキープしやすくなるような環境が整ってきます。

そう。
良い形で”引き寄せの法則”が働くのです。

たとえば、
関わる人が急にやさしくなったり、
褒められることが増えたり、
嫌なことが起こる頻度が減ったり…と。

そうすると、より一層
自分の心も穏やかになり…と
好循環スパイラルへと入っていき、
いつの間にか「心が穏やかなのが当たり前」に
なっていくのです。

 

 

最後に。

 

あなたの日々の生活の中で
心穏やかな時間とそうではない時間の比率は、
どんな感じですか?

 

もし心穏やかな時間が多いと感じられているのであれば、
たまに心が乱れるのは「人間らしい経験」として
楽しんでみてください。
(そのときはまったく楽しめないと思いますが!笑)

 

もし心が不安定で乱れている時間が多いと感じられている方は、
まず、あなたの魂が生まれてくる前に
今のような状態から、心穏やかに過ごせるようになることを
人生の学びのひとつとして
プランニングしてきた、ということを知っておいてください。

今のような状態になっているのは、
決してあなたが悪いわけでも、運が悪いわけでもないのです。

 

もしあなたが
「今の状態がイヤだ!変えたい!」と思うのであれば、
今このときが変え時だ、という魂からのサイン。

これまでの見方・捉え方などから
新しい、あなたを幸せへと導いてくれる価値観を
学んでみてくださいね。

あなたが思っているより世界はうんと広いし、
もっともっと自由に軽やかに生きていくことができますから。





「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

星読み師まっきー(永山まきこ)

大阪在住。太陽みずがめ・月おうし。ねこ中毒(重度・笑)。 2010年より「星読み師」としてプロ活動を開始。 現在は、個人セッション(対面・通信)を中心に、マンツーマン/グループでの星読み講座を開催し、講師活動も行う。2015年2月より大阪・中津にオフィスを構え、全国各地・海外から多数のクライアントが訪れている。