2017/9/11(月)の星読み雑感

 

おはようございます、まっきーです。
2017/9/11(月)の星読み雑感をお届けします。

• 今日の月:おうし座
• 今日の月のこよみ:満月から5日目
• 月のボイドタイム:9:55~9/12(火)4:29

※「今日の星読み雑感」について
※月のボイドタイムとは?
※海外在住の方へ。-「今日の星読み雑感」活用法

 

今日の朝、
月は太陽(120)、金星(90)と関わった後、
9:55~明日9/12(火)の早朝4:29まで
長時間のボイドタイムに入ります。

 

ボイド直前の月と太陽の関わりは、
ブレない安定感をもたらしてくれそうですが、
月と金星の関わりは、
お互いが噛み合いにくい状態にあるので、
内面的な葛藤が出やすいかもしれません。

たとえば、
あれもイヤ、これもイヤと
小さい子がダダをこねるような
イヤイヤ感が募ったり、
逆にあれもほしい、これもほしいと
欲がブクブクと膨らんだり。

あとは、
こだわりや頑固さが強まって、
融通が利かなくなってしまうことも。

 

きっとこういうときには、
視野がぎゅーっと狭くなって
凝り固まってしまっているハズ。

なので、
視野を広げるひと工夫として、
「それって本当に?」
「どうして/何がイヤなの?」
「それ以外の可能性は絶対にないの?」と
自分自身に尋ねてみてください。

そうすることで、
今とは違う視点で
物事を見やすくなると思います。

(ま、でも、これができるのは、
心に余力があるときなので、
自分に尋ねることができなほど
余力がないときには、
思いっきり子供みたいにダダをこねて、
悪態をつきまくっちゃってください!
だって、仕方ないもん!笑)

 

その他の雑感。

  • 月おうし座のボイドタイムは、
    マイペースになりやすく、協調性に欠けやすいです。
    もちろん、マイペースのままでも構わないのですが、
    お仕事などでチームワークが欠かせない状況になったときは、
    周りを見る、相手を見る、ということを意識しておくと
    物事はスムーズに進みやすくなると思います。
  • 9/5に逆行を終えた水星は、
    ようやく今日辺りからすっかり平常運転になります。
    今回の水星逆行に強く反応が出ていた皆さま、
    本当にお疲れさまでした。
  • 明後日9/13には下弦の月を迎え、
    月のサイクルとしては大人しい時期にありますが、
    おとめ座に入ったばかりの水星と火星は、
    ほぼお隣にあって足並みを揃えやすい状態になっていますから、
    (=思考と行動が結びつきやすい状態)
    もしも「これやりたい!」と思うことがあれば、
    月のサイクルは気にせず、心の赴くまま動いてみるといいでしょう。

 

それでは、今日も素敵な1日となりますようにお祈りしております゜:。+゜。o○☆

# 仕事の帰り道。遠くからこちらに向かってくる自転車に乗ったおじいさんの口元に違和感を感じて、こっそり目線を送りつつ歩いていたら、なんと!入れ歯をくわえてた・・・!!!(口から歯が飛び出しているという超シュールな光景。なぜー!?何があったのー!??爆笑!)(それまでチラ見で抑えていたのに、気付いた瞬間うっかりガン見しちゃったよ!笑)

 

ランキングに参加しています。
最後に2つのバナーのポチッとクリックして応援していただけると、
とっても励みになります!よろしくお願いします 😀
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ



☆★星読み関連メニュー★☆
自分が生まれ持った星、空を動いている星と自分の星との関係を知りたい方に
星読みセッション@対面(新大阪)・通信
潜在的可能性開花セッション@大阪(新大阪)・通信
自分で星を読めるようになりたい方、星読みの知識を深めたい方に
星読みプライベートレッスン@対面(新大阪)・スカイプ
【最新のご予約状況はコチラから】
☆★星読み以外のサポートメニュー★☆
【完全遠隔】境界線構築ワーク
人からの影響を受けやすい方、人目を気にしやすい方、人ゴミで疲れやすい方に。
自分と人との間に適切な境界線を保てるようになることを目指すエネルギーワーク。
“星読み”だけでは対応できないところをサポートしていきます!


「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

星読み師まっきー(永山まきこ)

大阪在住。太陽みずがめ・月おうし。ねこ中毒(重度・笑)。 2010年より「星読み師」としてプロ活動を開始。 現在は、個人セッション(対面・通信)を中心に、マンツーマン/グループでの星読み講座を開催し、講師活動も行う。2015年2月より大阪・中津にオフィスを構え、全国各地・海外から多数のクライアントが訪れている。