【頑張り屋さんなあなたに送る星とココロのストーリー】⑥

 

頑張り屋さんシリーズ、
今日は6回目です。
(ちょっとバタバタしていてアップが遅くなりました)

ついつい「頑張りすぎる」とき、
心の中でどんなことが起こっているのか。

今日はそのココロの仕組みを
図解で説明していきます。

 

【これまでのシリーズ】
第1回「頑張りすぎることを“やめる”のではなく、
少しずつ減らしていくこと」
第2回「頑張りすぎる方の特徴。
~あなたはいくつ当てはまりますか?」
第3回「太陽星座から自分の「頑張り」タイプを知る(1)」
第4回「太陽星座から自分の「頑張り」タイプを知る(2)」
第5回「太陽星座から自分の「頑張り」タイプを知る・番外編
~おうし座とみずがめ座の場合」

 

【今日のテーマ】
「頑張りすぎる」ココロの仕組み。
~【図解】私の中の“二人の私”について

 

 

私たちが頑張りすぎてしまうときに
心の中で起こっていることは、

『理想として思い描いている自分や周りの状況(結果や評価)と
リアルな自分や目の前の状況がかけ離れてしまっている』

ということ。

 

つまり、
「理想が高くなりすぎている」とき、
人は「頑張りすぎる」のです。

これはすべての「頑張り」タイプの方共通です。

 

このときの心の中の動きを
イメージとして理解していくために、、、

私たちの心の中に
“リアルな私”と“理想の私”の
二人の自分が存在している、と考えてみてください。

 

この二人はどちらも自分自身であり、
私たちは夢や目標に向かって頑張っているときも、
日々の仕事をしているときも、
この“二人の私”の意識が存在します。

そして、“リアルな私”と“理想の私”が
仲良く手を取り合って進んでいるときは、
頑張りすぎることなく楽しく仕事に取り組めますし、
楽しく成長していけます。

 


思いっきり手書きです(^^;)

 

でも、
“理想の私”が“リアルな私”を放置して
うーーんと高い場所に登ってしまったとき…

二人の歩調は完全に乱れ、
私たちの心は内部分裂を起こします。
(この内部分裂が焦りや怒り、苦しみ等のストレスとして感じられます)

“リアルな私”は“理想の私”から
「もっと頑張れ!」「もっとやれる!」
「もっと働け!」「もっと完璧に!」とプレッシャーを与えられ、
結果的に、心の声や身体の疲労感などを無視して
\ 頑張りすぎてしまう / のです・・・(T_T)

 

いかがでしょうか?
ご自身が頑張りすぎているとき、
心の中でこういうことは起こっていませんか?

もし今、頑張りすぎているなーという方は、
今のご自身の心の状態を、
「あのとき頑張りすぎてたわ・・・」という方は、
過去のご自身の心の状態を思い出して
“リアルな私”と“理想の私”の存在を
見つめていただければなーと思います。

 

それでは、次は、
「頑張りすぎる」ことを減らすための
具体的な対策をご提案していきますね😊



☆★星読み関連メニュー★☆
自分が生まれ持った星、空を動いている星と自分の星との関係を知りたい方に
星読みセッション@対面(大阪)・通信
潜在的可能性開花セッション@対面(大阪)・通信
自分で星を読めるようになりたい方、星読みの知識を深めたい方に
星読みプライベートレッスン@対面(大阪)・スカイプ
【最新のご予約状況はコチラから】
☆★星読み以外のサポートメニュー★☆
【完全遠隔】境界線構築ワーク
人からの影響を受けやすい方、人目を気にしやすい方、人ゴミで疲れやすい方に。
自分と人との間に適切な境界線を保てるようになることを目指すエネルギーワーク。
“星読み”だけでは対応できないところをサポートしていきます!


「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

星読み師まっきー(永山まきこ)

大阪在住。太陽みずがめ・月おうし。ねこ中毒(重度・笑)。 2010年より「星読み師」としてプロ活動を開始。 現在は、個人セッション(対面・通信)を中心に、マンツーマン/グループでの星読み講座を開催し、講師活動も行う。2017年7月末より新大阪へオフィスを移転し、全国各地・海外から多数のクライアントが訪れている。