2017/12/13(水)の星読み雑感

 

おはようございます、まっきーです。
2017/12/13(水)の星読み雑感をお届けします。

• 今日の月:てんびん座→さそり座(22:58~)
• 今日の月のこよみ:下弦の月から3日目
• 月のボイドタイム:21:27~22:58

※「今日の星読み雑感」について
※月のボイドタイムとは?
※海外在住の方へ。-「今日の星読み雑感」活用法

 

今日の月は、
朝のうちは
ちょこっと冥王星の影響(90)が残りつつ
太陽(60)、水星(60)、天王星(180)
土星(60)と合計4つの星と関わります。

 

全体的な雰囲気としては、
ひと山越える!
一皮むける!みたいな印象。

人によっては
心が大きく揺さぶられることもあるかもしれませんが、
その揺れが極限まで行くと
「もう、どうでもいいやーー!」と
超ポジティブな開き直りに至りそうな感じ。

 

自分のことが好きでも、嫌いでも、
私が自分のことをどう思うか、に関係なく、
私は“わたし”として、ここに存在していて、
(それが許せなかったとしても、関係ない)

もっとこうしなければ、とか、
もっとこれができれば、とか
どうしてこんなこともできないのか、と
自分のことを厳しくジャッジしたところで、
現時点でできないものは、できない。

だから、
今は、それでいい、というか、
それで仕方ない、のです。

 

ただし、この「仕方ない」は
決して後ろ向きな諦めではありません。

まっすぐに
「今の自分」を受け止め、認める勇気、です。

 

私たちは、
自分に対して
「こうあるべき」という理想をぶつけます。

そして、
それができない自分のことを否定し、
さらにそんな自分のことを嫌うこともあります。

 

往々にして、
自己否定意識が強い方や
自分のことが嫌いな方は、
自分自身に対して求める理想は、
あまりにも非現実的な完璧人間で、善人なのです。

でも、正直、
そんな人間は、いません。

すでにそんな人間だったとしたら、
この地球で人間、やってませんから。(笑)

 

今日の太陽と逆行している水星は、
「あなたは、あなただよ」ということを
思い出させてくれるでしょう。

昔から、今の今まで、
見た目や考え方、周りの環境などが
何かしら変化していたとしても、

あなたの“本質”は、
何をしようとも、
どこに行こうとも、変わらない。

 

ただ、
その“本質”を表現することを
自分に許すかどうか、の違いによって、
生き方が苦しくなったり、ラクになったりするし、
周りから「変わったね」と言われたり、
自分自身でも「私、変わったかも」と思えるのです。

 

 

その他の雑感。

  • 昨日の雑感でもお伝えしたリリスと金星の関係性(0)
    これは明日くらいまで続きますので、
    人との心の距離が遠く感じられたとしても、
    あまり不安になったり、落ち込んだりしないように。
  • また、今日・明日のさそり座の火星も、
    気持ちを分かち合いたい!つながりたい!という思いを
    強くしそうですからねー。
    もしその思いが満たされなかったとしたら、
    「誰も私のことを分かってくれない」
    「誰も私のことなんて愛してくれない」と
    失望したり、悲しんだり、スネたりしてしまうこともあるかも。
  • 外側に求めているものは、自分が自分に与える必要があるもの。
    愛だったり、理解だったり、労わりややさしさだったり。
    お金がほしい!という場合は、
    自分に心の豊かさを与えてあげる必要があるのかもしれませんね。

 

それでは、今日も素敵な1日となりますようにお祈りしております゜:。+゜。o○☆

# 最強寒波の本気の最強っぷりに、こんなに冬って寒かったっけ?と震えております。(リアルに寒さで・笑)風邪っ引きさんの声も周りからちらほら。身体の声に耳を傾けて早め早めに対処していけるといいですね。今、体調を崩されている方はご無理のないようしっかり休養を♡

 

ランキングに参加しています。
最後に2つのバナーのポチッとクリックして応援していただけると、
とっても励みになります!よろしくお願いします 😀
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

 

「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

星読み師まっきー(永山まきこ)

大阪在住。太陽みずがめ・月おうし。ねこ中毒(重度・笑)。 2010年より「星読み師」としてプロ活動を開始。 現在は、個人セッション(対面・通信)を中心に、マンツーマン/グループでの星読み講座を開催し、講師活動も行う。2017年7月末より新大阪へオフィスを移転し、全国各地・海外から多数のクライアントが訪れている。