2018/1/18(木)の星読み雑感

 

おはようございます、まっきーです。
2018/1/18(木)の星読み雑感をお届けします。

• 今日の月:みずがめ座
• 今日の月のこよみ:新月から1日目
• 月のボイドタイム:みずがめ座

※「今日の星読み雑感」について
※月のボイドタイムとは?
※海外在住の方へ。-「今日の星読み雑感」活用法

 

今日の月は、みずがめ座に滞在。
他の星とは関わりを持たず、孤立状態。

月が孤立していると、
月のエネルギーが
何にも縛られずに放たれるため、
人との会話や行動のタイミングがズレやすく、
勘違いや誤解、行き違いなどが生まれやすいので
気を付けて。

 

・・・って、
よく占いとか、おみくじとか、
「気を付けて」って書いてあったりしますよね。

でも、それを見るといつも
「どう気を付ければいいねん!」
「その気を付け方が知りたいねん!」と思ってしまうので、

私は、書きましょう!
気を付け方を!!(笑)

 

具体的な気を付け方としては、
「慎重に行動しよう!」とか
「相手の話、きちんと聞こう!」と自覚するだけでOK。

拍子抜けするほど
簡単な気を付け方ではありますが、
自覚するだけ・意識するだけ、で
月のエネルギーに振り回されにくくなります。

もし万が一、
すれ違いや勘違い等が起こっても
「あ、今日の月はそうなりやすいんだった」と思い出して、
そこから軌道修正をしていけば、スムーズに行くはず。

 

そして、
今日の朝10:43には
金星がやぎ座からみずがめ座へ移行します。

こちらも今日の月と揃ってみずがめ座。

1/15からぐぐぐっとやぎ座色が強まっていたのですが、
今日で一気にみずがめ座の色が入り込んできます。

 

今日のみずがめ座は、
とにかく、自由です。

常識に縛られない。
人と同じとか、嫌い。
フツーっていわれるの、嫌い。

もっと私の好きにさせろ―――!

そんな感じ。(笑)

 

なので、
今日は、あまり予定を細かく決めすぎずに
自由度高めのスケジュールにしておいた方が良さそう。

ひらめきや思いつきなど
予定外のことが飛び込んできても
すぐに動けるように。

 

あと、たぶん、周りで
好き勝手に動く自由な人が出てくるかも、です。

遅刻してくる人、とか、
ドタキャンする人、とか、
勝手にどこか行っちゃう人、とか。(笑)

この辺りは
その人が持って生まれた星にもよりますが、
もしそういう人がいても、
「お、今日の星に素直に反応してるんだな!」と
おもしろがってもらえれば、
あなたの心の平和は守られます!
(腹を立てて心の平和を乱すなんてもったいないー)

 

夢や目標を現実化するための行動、
仕事にまつわること、は、
今の自分が持っている力を信じて
進めていくといいでしょう。

 

正直、知識やスキルは、
上を見ればキリがありません。

もっと勉強したら。
もっとできるようになったら。と思っていたら、
死ぬまで何もできません。

 

「今のあなたの手元にあるものを
改めて見つめ直してみて」と
今日の星は伝えてくれています。

 

今、手元にあるものは、
あなたにとっては、
欠けたお皿やくすんだグラスみたいな
ガラクタにしか見えないもの、かもしれません。

でも、もしあなたが自分を活かして、
この社会の中で何かをして生きていきたいと思うのなら、
その“ガラクタ”を活かす方法を探してみてくださいね!

今はまだ出会っていないだけで、
必ず、何か方法はありますから。

(自分のガラクタが、周りから見れば「お宝!」なんてことは
本当によくあること。
自分の価値は自分ではわかりにくいものなんですよねー)

 

それでは、今日も素敵な1日となりますようにお祈りしております゜:。+゜。o○☆

# 今日の星補足。もし行き詰ったときは、高くて視界が広がるところへ行ってみて。視界の広がりとともにあなたの思考も広がりそう。また、おみくじを引いてヒントを得るのもアリ!(カードリーディングとかタロットでも◎)

 

ランキングに参加しています。
最後に2つのバナーのポチッとクリックして応援していただけると、
とっても励みになります!よろしくお願いします 😀
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

スポンサーリンク




「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

星読み師まっきー(永山まきこ)

大阪在住。太陽みずがめ・月おうし。ねこ中毒(重度・笑)。 2010年より「星読み師」としてプロ活動を開始。 現在は、個人セッション(対面・通信)を中心に、マンツーマン/グループでの星読み講座を開催し、講師活動も行う。2017年7月末より新大阪へオフィスを移転し、全国各地・海外から多数のクライアントが訪れている。