2018/3/29(木)の星読み雑感

 

おはようございます、まっきーです。
2018/3/29(木)の星読み雑感(ぽつりつぶやき編)をお届けします!
(「ぽつりつぶやき編」スタートの経緯はこちらの記事で→☆☆☆

が。
今日はちっともぽつりじゃなくなったー!(笑)

※「今日の星読み雑感」について
※海外在住の方へ。-「今日の星読み雑感」活用法

 

今日の月情報とか

 

▼今日の星メモ
※@時間について。
角度を書いている場合は、天体が正確なアスペクトを取るタイミング、
天体のサイン移動は、次のサインに移る時間を書いています。
解説は気まぐれ。あったりなかったり。

@10:24
月と火星が120度
@14:30
月と土星が120度

おとめ座の月と
やぎ座の火星&土星の組み合わせ。

いやー。
仕事や家事がはかどりそうな雰囲気!
テキパキと、サクサク進めていきましょう。

いつもなら「めんどくさい」と億劫に思うことも
今日のこの感じなら、取り組めそう。

 

ただ、水星逆行に反応していると
上に書いた「テキパキ感」は
あまり体感できないかもしれませんね。

でも、今日辺りから
水星の速度は戻ってくるので、
頭の中にもやがかかったような状態や
流れが停滞しているような感覚からは
少し脱することができるのでは。

 

@0:48
月と海王星が180度

これは17時頃から体感が出てくるかなー。

上の月と火星・土星とは打って変わって、
ゆるーんとリラックスムード。
集中力も落ちやすい。

想像力は働きやすくなるので、
自分の理想の未来を思い描いたりしてもいいかも。
これから何やりたいか、とか、どうなりたいか、とか。

(こういうこと、しょっちゅー書いていますが、
自分の理想について考えることは、1回考えて終わり、じゃなくて、
生きている間ずっと継続して行うことだと私は思っています。
そして、繰り返し考えれば考えるほど、自分の本質に近づきます。
考えずして、本質を見つけることなんてできないよ)

 

今日の場合は、
あまりに壮大な理想を思い描きすぎて
「私にはムリだ」と弱気さが出てくるかもしれませんが、
そういうときは、身近な理想にダウンサイジング。

大階段をひとっ跳びで上ることはできないから、
次の一歩で確実に上れそうな理想を考えてみて。

 

今日のぽつり。

 

今日は、
@9:47
金星と天王星が0度
@23:16
太陽と土星が90度

・・・と、
それぞれのコンビがピークを迎えます。

 

金星と天王星が示す
対人関係やパートナーシップの変化は、
すでに3/26頃から動き始めていたと思うので、
今日、いきなり何かが突発的に起こる可能性は低そう。

でも、人によっては、
変化の決定打、となるようなことが起こるかもしれません。

あるいは、
自分の内側で腹が括れるというか。
変化を受け入れて、いい意味であきらめがつくというか。

ポイントは、
自分を偽ったり、ごまかしたりしないこと。
これは人に対して、ではなく、自分に対して、です。

 

太陽と土星も
同じく腹を括る流れ。

太陽は、夢や目標、理想、
自己実現の方向性を示すと解釈すると、
それらを実現することに対して腹を括ることになります。

 

ムリとか、できないとか、
大変そうとか、じゃなくて、
結局は、それやりたいの?やりたくないの?です。

やりたいんなら、とりあえずやればいいし、
やりたくないなら、やらなければいい。

外野で何だかんだ
口を挟む人はいるかもしれないけど、
自分の人生に関わることの決定権を持っているのは、
他の誰でもない「わたし」ということを忘れないように。

(でも、やりたいことをやるときに、
周りの人を巻き込む場合は、
その人たちに与える余波は考えた方がいい。
でも、余波を与えるからといって引き下がる必要はなく、
余波を与えてでも、やりたいかどうか、を自分に問うのです)

 

***

それでは、今日も1日、笑顔で素敵な時間を(ΦωΦ)☆

 

ランキングに参加しています。
最後に2つのバナーのポチッとクリックして応援していただけると、
とっても励みになります!よろしくお願いします 😀
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    星読み師まっきー(永山まきこ)

    大阪在住。太陽みずがめ・月おうし。ねこ中毒(重度・笑)。 2010年より「星読み師」としてプロ活動を開始。 現在は、個人セッション(対面・通信)を中心に、マンツーマン/グループでの星読み講座を開催し、講師活動も行う。2017年7月末より新大阪へオフィスを移転し、全国各地・海外から多数のクライアントが訪れている。