2018/5/22(火)の星読み雑感

 

おはようございます、まっきーです。
2018/5/22(火)の星読み雑感(ぽつりつぶやき編)をお届けします!
(「ぽつりつぶやき編」スタートの経緯はこちらの記事で→☆☆☆

※「今日の星読み雑感」について
※海外在住の方へ。-「今日の星読み雑感」活用法

 

今日の月情報とか

 

  • 今日の月:しし座→おとめ座(11:02~)
  • 今日の月のこよみ:上弦の月(おとめ座1度)@12:49
  • 月のボイドタイム:5/21(月)12/29~5/22(火)11:02
    ※月のボイドタイムとは?

▼今日の星メモ
※@時間について。
角度を書いている場合は、天体が正確なアスペクトを取るタイミング、
天体のサイン移動は、次のサインに移る時間を書いています。
解説は気まぐれ。あったりなかったり。

@11:02
月ボイド終了、月おとめ座入り。

今日の11:02までは、月ボイドです。

視野が狭くなりやすいので、
うっかりミスに気をつけて。

また、
人の話を最後までちゃんと聞かず、
先入観で早合点してしまうこともあるので、
コミュニケーションも慎重に。

 

@11:37
月と天王星が120度

おとめ座らしい潔癖さが強まりそう。
(物質的な潔癖さじゃなく、精神的な潔癖さ。
おとめ座の潔癖は、きれい好きというわけじゃない)

「こうすべき!」という
自分なりのこだわりを貫きたくなることが
ありそうです。
自分なりの“美学”と言ってもいいかもしれませんね。

 

でも、今日の場合は、
そのこだわり、貫いちゃえばいいのかな、と思います。
周りに迎合することなく。

もっと要領のいいやり方があったとしても、
これだけは譲りたくない!ということがあれば、
自分が納得するまでこだわってみましょう。

 

今日のぽつり。

 

今日は12:49に上弦の月を迎えます。

 

まずは、星好きの人に向けた解説から。

太陽はふたご座1度、
サビアンではふたご座2度の
「密かに靴下を満たすサンタクロース」。

月はおとめ座1度、
サビアンではおとめ座2度の
「掲げられた大きな白い十字架」。

太陽には、
火星が120度で関わり、
月には上に書いたように
天王星が120度で関わっています。
ちなみに、月と火星は150度。

 

ふたご座の太陽は、
目に見えない世界に興味の矛先を向けて、
好奇心いっぱいに観察しようとします。

でも、おとめ座の月は、
目に見える確かなものだけに固執しようとするので、
月にとっては、太陽の要求が辛い。
目に見えない不確かなものは、葬り去りたいのが今日の月。
(だから、十字架が掲げられている)

しかも、
月にとっては、火星の150度も辛い。
おとめ座の月は、
「常識やルールは守るべきもの」と信じているのに、
今、みずがめ座にある火星は、
「常識やルールなんかクソくらえ!」と言ってくるから。

この辺りのギャップ…
目に見えるものと見えないもの、
常識やルールと守ることと超えること、に、
どう折り合いをつけるか、が、今日の上弦の月のテーマです。

 

では、次に、
星を詳しく知らない方にもわかるように
今日の上弦の月を読み解くと…

 

まず、
心理的な葛藤が生まれやすいです。

本当にこれでいいのかな?
大丈夫かな?と迷いや不安を感じることもあるでしょう。

迷いや不安が出てきたときは、
その原因をしっかり追究してみてください。

そして、対処できることには、
一つひとつ現実的に対処していきましょう。

わからないことがあれば、調べること。
迷いや不安の原因の一つとして
「知識がないだけ」という場合もありますから。

 

また、
今まで見て見ぬふりをしていたことが
急に目の前にバーンと突きつけられ、
認めざるを得ないことも。

でも、今日は、見てください。
たとえ、嫌でも。
きっとそれを見ずして先へ進むことはできないハズ。

ちゃんと見てみたら、
意外と大したことなかったな、と思えたりもしそうです。

 

***

それでは、今日も1日、笑顔で素敵な時間を(ΦωΦ)☆

 

ランキングに参加しています。
最後に2つのバナーのポチッとクリックして応援していただけると、
とっても励みになります!よろしくお願いします 😀
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

スポンサーリンク




「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

星読み師まっきー(永山まきこ)

大阪在住。太陽みずがめ・月おうし。ねこ中毒(重度・笑)。 2010年より「星読み師」としてプロ活動を開始。 現在は、個人セッション(対面・通信)を中心に、マンツーマン/グループでの星読み講座を開催し、講師活動も行う。2017年7月末より新大阪へオフィスを移転し、全国各地・海外から多数のクライアントが訪れている。