2018/6/7(木)の星読み雑感@うお座下弦の月

 

おはようございます、まっきーです。
2018/6/7(木)の星読み雑感(ぽつりつぶやき編)をお届けします!
(「ぽつりつぶやき編」スタートの経緯はこちらの記事で→☆☆☆

※「今日の星読み雑感」について
※海外在住の方へ。-「今日の星読み雑感」活用法

 

今日の月情報とか

 

▼今日の星メモ
※@時間について。
角度を書いている場合は、天体が正確なアスペクトを取るタイミング、
天体のサイン移動は、次のサインに移る時間を書いています。
解説は気まぐれ。あったりなかったり。

 

@3:32
月と太陽が90度(=下弦の月)
@4:24
月と海王星が0度
@5:34
月と水星が90度
@12:52
月と冥王星が60度
@15:35
月と金星が120度
→このあと明日6/8(金)6:25まで月ボイド入り。

***

下弦の月の月読みは、
下記ぽつり。にてお伝えします。

 

さて、今日は、
月と海王星がピタリと重なり、
さらに太陽と水星が海王星の影響(90)を受け、
海王星のエネルギーを体感しやすい日になっています。

どんなエネルギーかというと、
霧にようにほわほわしていて
ちょっと現実感が希薄な感じです。

 

具体的に言えば、、、

想像力が豊かになるので
いろんなイメージがどんどん浮かんで来たり、
直感力も鋭くなるので
根拠はないけど「なんとなくわかる」ということがあるかもしれません。

この「わかる」は、
頭での言語的な理解ではなく、
自分の中に浸透してくるような非言語的な理解、です。
(だから、人には言葉でうまく説明できないことが多くて、
自分の感じたことに自信が持てなかったりします)

 

想像力や直感力を伸ばしたい方は、
リラックスして、ぼんやりする時間を取って、
頭の中にふわふわと浮かんできたイメージを
全部、メモしてみてくださいね。

メモは、イラストでも文字でもどちらでもOKです。
あなたのやりやすい形で。

これによって、
自分の内面との対話力も生まれます。

 

ただ、海王星の影響が強いときは、
現実的なところには疎くなります。
事務作業や家事などに抜けが出やすいので、気をつけて。

あとは、
人に流されやすいところもあるので、
自分のハートの声に耳を傾けることを忘れないようにしましょう。

 

今日のぽつり。

 

下弦の月については、
昨日のぽつり。でもちょっと触れたので、
今日は補足的にサビアンの解説を。

 

今日の下弦の月の
太陽のサビアンシンボルは、
ふたご座17度「知力の頭に溶けていった健康の頭」
月のサビアンシンボルは、
うお座17度「復活祭の歩道」。

で、今日は、
太陽サイドには水星が、
月サイドには海王星がピタリと寄り添っています。

 

サビアンの17度は、
内面の変化が促される度数です。
なので、今まで信じていたものが崩壊することがよくあります。

このため今日の下弦の月も
大なり小なり、何かしらの変化が促されるでしょう。
そのため昨日お伝えしたように葛藤を感じたり、
弱気になってしまうこともあると思います。

でも、この流れはぜひ前向きに捉えてください。

 

どうしても前向きになれず
悲観的になってしまうときは、
自分の望みにフォーカスしてみましょう。

あなたはどんな未来を望んでいますか?
どんな人生を歩みたいですか?
どんな自分になりたいですか?

その望みを実現するために今できることはなんですか?

 

今日の太陽も月も
人からの影響を受けやすい面があるので、
「この人、素敵!!」と思う人のエネルギーに触れて
自分をアゲてみるのもオススメです。

その人が身近な人であれば、
実際に会って話をするのがベスト!

でも、その人が面識のない人であれば、
その人の本を読んだり、映像を見るだけで充分。

あなたの憧れの人のポジティブなエネルギーを取り入れて、
自分の中でグルグルと滞留している
ネガティブエネルギーの流れを変えましょう!

 

***

それでは、今日も1日、笑顔で素敵な時間を(ΦωΦ)☆

 

ランキングに参加しています。
最後に2つのバナーのポチッとクリックして応援していただけると、
とっても励みになります!よろしくお願いします 😀
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

スポンサーリンク




「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

星読み師まっきー(永山まきこ)

大阪在住。太陽みずがめ・月おうし。ねこ中毒(重度・笑)。 2010年より「星読み師」としてプロ活動を開始。 現在は、個人セッション(対面・通信)を中心に、マンツーマン/グループでの星読み講座を開催し、講師活動も行う。2017年7月末より新大阪へオフィスを移転し、全国各地・海外から多数のクライアントが訪れている。