2018/6/24(日)の星読み雑感 ― あきらめる?あきらめない?

 

おはようございます、まっきーです。
2018/6/24(日)の星読み雑感(ぽつりつぶやき編)をお届けします!
(「ぽつりつぶやき編」スタートの経緯はこちらの記事で→☆☆☆

※「今日の星読み雑感」について
※海外在住の方へ。-「今日の星読み雑感」活用法

 

今日の月情報とか

 

▼今日の星メモ
※@時間について。
角度を書いている場合は、天体が正確なアスペクトを取るタイミング、
天体のサイン移動は、次のサインに移る時間を書いています。
解説は気まぐれ。あったりなかったり。

 

@6:11
月と木星が0度
@11:22
月と海王星が120度
@18:59
月と冥王星が60度
@22:59
月と水星が120度

***

今日の月を取り巻く星の配置は、
ぜーーーーーんぶ平和的。

ゆっくりリラックスして過ごすも良し。
仲良しの人と楽しく過ごすも良し。

気分的にも穏やかでいられるでしょう。

 

ただ、ネガティブな思考や感情にスイッチが入ると
明日6/25(月)13:29の月ボイド明けまで
ズルズルと引き摺ってしまう可能性があります。

もしその流れを止めたいのなら、
考えることで解決できることなのか、
考えてもどうしようもないことなのか、を見つめてみて。

でも、
「考えてもどうしようもないけど、
考えることを止められない!」というときは、
あきらめてグルグル考え続けましょう。

しんどいかもしれないけど、
止められないのなら仕方がない。

うんざりするまで、
こんなこと考えてても意味がないと
心底嫌気が差すまで、
考え続けることを自分に許しちゃってください。
(抗うから余計にしんどくなる)

 

今日のぽつり。

 

そろそろ太陽と土星が
真正面で向かい合いつつあります。

「6月の星の動き」でもお伝えしましたが、
6月の上旬に海王星の影響で
ふわふわと膨らませた太陽の夢や目標を
ガツンと現実に落とし込むのがこの配置の役割です。

心が折れそうになって
夢や目標をあきらめたくなることも
あるかもしれませんが、
ここは覚悟や本気度を試されていると思ってください。

乗り越えられるなら突き進みましょう。

でも、もうあまりにも辛くて
とてもじゃないけど乗り越えられないと思うなら、
あきらめる、というのもひとつの選択肢です。

 

あきらめる。
ってちょっと恥ずかしかったり、
負けてしまった気がして悔しかったり、
逃げているように思うかもしれませんが、
実は、すごく勇気のいる決断なんですよね。

なので、全然恥じることはありません。

 

どういう選択を下すべきか。
答えは、あなたの心が知っています。

じっくりと自分の心に耳を傾けてみてくださいねー。

 

***

それでは、今日も1日、笑顔で素敵な時間を(ΦωΦ)☆

追伸。
月曜日に地震があって
開催できるかしらと少しドキドキしていた講座ですが、
昨日、無事、終了しました!
余震もなく本当に穏やかに和やかに。
ああ、よかった。心から感謝。

 

ランキングに参加しています。
最後に2つのバナーのポチッとクリックして応援していただけると、
とっても励みになります!よろしくお願いします 😀
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

スポンサーリンク




「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

5 件のコメント

  • 追伸。。。
    あっ、ちなみに私の仕事は簡単に言えば、営業内勤といったところです。

  • 今朝、起きてから読んで、人生、試されてるのかなー、と思える数日となりました。。。
    土曜日、仕事の帰りがけに、配達の人の事故後の対応していたこともあり。(職場の同じチームの人だったので、なお心配。ま、骨折だったんですが)
    目の前のことに精いっぱいだと、心の中って分からなくて、起きたことをツラツラ振り返った時に、なんとなく分かってくるんですよね。
    覚悟か諦めか、問われると、、、うーん、自分を信じるしかない! の境地。

    • みゃーこさん、コメントありがとうございます。
      そうなんですよねー。
      わたわたしているときは、
      目の前のことに反応するので手いっぱいになりますから。
      ホント、心ってちょっと距離を置いて俯瞰して見ないとわかんないですよね。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    星読み師まっきー(永山まきこ)

    大阪在住。太陽みずがめ・月おうし。ねこ中毒(重度・笑)。 2010年より「星読み師」としてプロ活動を開始。 現在は、個人セッション(対面・通信)を中心に、マンツーマン/グループでの星読み講座を開催し、講師活動も行う。2017年7月末より新大阪へオフィスを移転し、全国各地・海外から多数のクライアントが訪れている。