【頑張り屋さんなあなたに送る星とココロのストーリー】③(全10回)

 

頑張り屋さんシリーズ、
今日は3回目。
太陽星座を参考にして
自分の「頑張り」タイプを知っていきましょう♪

【これまでのシリーズ】
第1回「頑張りすぎることを“やめる”のではなく、
少しずつ減らしていくこと」
第2回「頑張りすぎる方の特徴。
~あなたはいくつ当てはまりますか?」

 

太陽星座から自分の「頑張り」タイプを知る(1)

※太陽星座とは、
普通の12星座占いを見るときの星座のことです。

 

ここからは星を使って
自分の「頑張り」タイプを知っていきましょう!

 

まず、「頑張る」には、
ザックリと分けて2種類の「頑張る」があります。

 

ひとつは、
活動エネルギー全開の
名付けて「ワクワク頑張る」!

もうひとつは、
真面目で誠実な
「キリキリ頑張る」。

 

「ワクワク頑張る」は、
文字通り、頑張るの中にワクワクが入っている状態。

それをしていることがワクワクして、楽しくて、
やりたい気持ちがどんどん湧いて止まらなくて。

たとえ心身へのプレッシャーが強く
苦しさを感じていたとしても、
高みを目指すため、未知の世界に挑むため、
自分の理想を実現するため、
ワクワクしながら頑張る。

 

太陽星座でいえば、
下記の方が「ワクワク頑張る」スイッチが入りやすいです。

・おひつじ座(考えるよりまず行動。頑張っている意識はほぼゼロ)
・ふたご座(自分のスキルを高めたくて頑張る)
・しし座(好きなことには我を忘れてとことん熱中)
・いて座(アスリートのように未知の自分に挑戦)

 

「ワクワク頑張る」タイプの方の「頑張りすぎ」は、
気持ちの勢いに物理的な身体のキャパがついていかなくて、
身体に不調が出る、ということが多いです。

体力のある若いうちはいいのですが、
年齢を重ねると
自分の気持ち通りに動かない身体に対して
イライラされる方もいらっしゃいますから、
自分の身体と気持ちをどう折り合いをつけるか、が
テーマとなります。

 

※各星座の性質には細かなバリエーションがあるので、
上記説明に該当しない方もいらっしゃいます。
(たとえば、おひつじ座でも行動的ではないことがあります)

 

「キリキリ頑張る」の解説は次回へと続きます。

スポンサーリンク




「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

星読み師まっきー(永山まきこ)

2010年より「星読み師」としてプロ活動を開始。 太陽みずがめ・月おうし。大阪在住。
「行動しない」「文句ばっか言う」「自分嫌い」な状態から星読みと心の観察を通して「行動する」「文句を活かす」「自分OK」な状態へと変化させた自身の経験をベースに星と心の情報を発信。 仕事のメインテーマは、「生き辛さを抱えている人が心軽やかに生きていくためのヒントを伝えること」。 現在は、ブログでの情報発信を中心に不定期に星読み講座・個人セッションを実施。
-----
物事の判断基準は、おもしろいか、楽しいか、カッコいいか。 人生のモットーは「楽しかったらええねん」(笑)。 重度のねこ中毒。癒しはねこ吸引(ねこのお腹に顔をうずめて匂いを嗅ぐこと)。