【頑張り屋さんなあなたに送る星とココロのストーリー】⑧

 

頑張り屋さんシリーズ、
今日は8回目。

前回は、
「頑張りすぎる」ことを減らすための
具体的な対策についてお話をしました。

が、
この対策を意識して行ってみても
「頑張りすぎを減らしたいのに、減らせないんです・・・」と
おっしゃられる方がいらっしゃいます。

 

なぜ「減らしたい!」という自分の思いに反して、
頑張りすぎることを続けてしまうのか。

今日は、その《理由》について
お話をしていきますね。

 

【これまでのシリーズ】
第1回「頑張りすぎることを“やめる”のではなく、
少しずつ減らしていくこと」
第2回「頑張りすぎる方の特徴。
~あなたはいくつ当てはまりますか?」
第3回「太陽星座から自分の「頑張り」タイプを知る(1)」
第4回「太陽星座から自分の「頑張り」タイプを知る(2)」
第5回「太陽星座から自分の「頑張り」タイプを知る・番外編
~おうし座とみずがめ座の場合」
第6回「頑張りすぎるココロの仕組み。
~【図解】私の中の“二人の私”について」
第7回「頑張りすぎるを減らす具体策
~1日1回、立ち止まること」

 

【今日のテーマ】
「頑張ることを減らしたいのに、減らせない」
~その《理由》と、問題を引き起こす心理背景

 

「頑張ることを減らしたい!」と思っているのに、
ついつい頑張り続けてしまうことをやめられない・・・!(T_T)

 

こういうパターンに陥りやすいのは、
主に「キリキリ頑張る」タイプ
かに座・おとめ座・てんびん座・さそり座・やぎ座・うお座の皆さん。

 

では、なぜこれらのタイプの方たちは、
頭では「もう頑張りすぎることはやめよう」と思っても
頑張り続けてしまうのか。

 

それは、頑張りの先に求めるものが、
理想を現実化することや
「やりきった!」という自己満足だけではなく、
他人や社会からの承認や称賛も含まれているから です。

 

第4回でも説明しましたが、
「キリキリ頑張る」タイプの方は、
他人の期待や要求に応えるため、や、
他人から認められるために
“他人軸”を意識して頑張る人たち、です。

つまり、頑張りの主軸が
文字通り“他人”にあるため、
どこまで頑張ればいいのか、が、
自分の実感や体感では線引きできず
心と身体が悲鳴を上げるまで
頑張り続けてしまいやすいのです。

 

ただし、
“他人軸”を意識して頑張ることが
決して悪いワケではありません。

特に「仕事」に関していえば、
どのような業種・職種であったとしても、
“相手のため”は大前提です。

相手の要求や期待に応える。
相手の不便や不快を解消する。
相手が求める結果を出す。

それが「仕事」であり、
プロ意識が高い方ほど、
ストイックに追求されることでしょう。

 

問題なのは、
頑張りが“他人軸”に傾いてしまう背景に

『ありのままの私ではダメかもしれない・・・』

という不安や怖れ、
自己否定の意識が潜んでいるとき、なのです!!

 

こういう意識を抱えていると、
人は、頑張る、ことによって
ありのままの私のダメな部分・不足部分を補おうとします。

つまり、
頑張っている私はオッケー、
頑張っていないありのままの私はダメ、と
(多くは無意識的に)自分自身を判断しているのです。

 

だから、
頭では「頑張り続けるのはやめよう」と思っても、
心が「頑張り続けることをやめたら、
あなたはダメな人間になっちゃうよ!」とささやくため、

\頑張りすぎを減らしたくても、減らせない(;_;)/

となってしまうのです。

(頭と心が戦うと、100%心が勝ちます)

 

でも、同じ「キリキリ頑張る」タイプでも
どういう風に
『ありのままの自分ではダメかもしれない』と思っているか、は、
各星座によってニュアンスが微妙に異なります。

なので、次回はそれぞれの星座の
ニュアンスの違いにフォーカスしてお話を進めていきますね。

きっとこれを知ること・気付くことは、
「頑張りすぎを減らしたくても、減らせない」状態から脱する
一助となるはずです!

(あと2回で終わりです。
第9回は今日の夕方にリリース予定です。
どうぞお楽しみに♪)

スポンサーリンク




「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

星読み師まっきー(永山まきこ)

2010年より「星読み師」としてプロ活動を開始。 太陽みずがめ・月おうし。大阪在住。
「行動しない」「文句ばっか言う」「自分嫌い」な状態から星読みと心の観察を通して「行動する」「文句を活かす」「自分OK」な状態へと変化させた自身の経験をベースに星と心の情報を発信。 仕事のメインテーマは、「生き辛さを抱えている人が心軽やかに生きていくためのヒントを伝えること」。 現在は、ブログでの情報発信を中心に不定期に星読み講座・個人セッションを実施。
-----
物事の判断基準は、おもしろいか、楽しいか、カッコいいか。 人生のモットーは「楽しかったらええねん」(笑)。 重度のねこ中毒。癒しはねこ吸引(ねこのお腹に顔をうずめて匂いを嗅ぐこと)。