今のてんびん座火星に反応したときに起こりそうなこと。 ― 2019/10/6(日)今日の星読み雑感

 

おはようございます、星読み師まっきーです。
2019/10/6(日)の星読み雑感をお届けします。

※「今日の星読み雑感」について
※海外在住の方へ。-「今日の星読み雑感」活用法

 

 

1.10/6(日)のホロスコープと月情報

 

 

※東京お昼12時、プラシーダスハウスで算出。

 

2.今日の星の動きメモ


※@時間について。
角度を書いている場合は、天体が正確なアスペクトを取るタイミング、
天体のサイン移動は、次のサインに移る時間を書いています。

@1:47
月と太陽が90度(=上弦の月)
@5:38
月と土星が0度
@10:25
月と海王星が60度
@18:13
月と冥王星が0度

 

今日の未明1:47に
やぎ座12度にて上弦の月を迎えましたが、
この上弦の月の月読みは、
昨日10/5のぽつり。にてお届けしておりますので、
上記記事をご参考ください。

 

そして。
この上弦の月を終えた今日の月と星たちの関係性。

 

今日の月には、
土星と冥王星が関わり、
心が不安定になる可能性を示唆しています。

ですが、
これらの配置は
「腹を括る」「覚悟を決める」と読むこともでき、
今日はこちらで反応が出ることが
多いのではないかなと思っています。

 

ただ、今日の14時以降、
水星が弱気になりやすいところを通るので
(さそり座4度)
覚悟は決めた、けど、
本当にこれで良いのかな、
本当に大丈夫なのかな、など
迷いや不安が出てくることもあるかもしれません。

でも、
ここで出てくる迷いや不安は、
自分の心が一歩前に進んだことによって
出てきているものなので、
歓迎すべきものなのです。
(本気になったから出てきた、とも言えます)

 

なので、
もし今日、お昼以降に
自分の選択や決断に対して
迷いや不安が出てきたときには、
「今日はそんな日!」と思って
あまり深く掘り下げずに
さらーっと流しておきましょう。

 

あ。
もちろん、迷いや不安をじっと見つめて
何に迷っているのか、とか、
何を不安に思っているのか、など、
掘り下げたい方は掘り下げてくださいね。

きっとそこには
新たな発見があるはずですから。

 

でも、何でもかんでも
真面目に向き合わなくても大丈夫。

向き合いたいたければ、向き合う。
だけど、
そういう気分じゃなければ、スルーする。

 

そんな感じで
ご自身にとって一番心地よいアプローチを
お選びいただければ、と思います。

(みんなに共通のやり方はありませんから!)

 

3.今日のぽつり。
― 今のてんびん座火星に反応したときに起こりそうなこと。

 

10/4に火星がてんびん座へと移り、
早くも2日経ちましたが、
何か変わったなーと感じられていることはありますか?

 

このてんびん座の火星に思いっきり反応すると
自分の意志とは関係なく
周りの状況が進んでいって、
自分はひたすらその状況に合わせて動いていく、
という状態になりやすいです。

場合によっては、
周りに振り回されている、とか、
状況の心がついていかない、という気持ちに
なることもあるかもしれません。

 

でも、火星がてんびん座にある時期は、
自分の意志を押し通すよりも
周りから与えられたことに乗っかる、とか、
周りから示された流れに身をゆだねる、という
ある種“自分の意志がない”ような状態で進むのに
最適な時期です。

そうすることで
自分一人の頭では想像もできなかったような
未知の世界へと連れて行ってもらえることもあるでしょう。

 

その世界は、
もしかすると
あなたにとっては不本意なものかもしれません。

だけど、
今のあなたには必要な世界であるはずですから、
「今はよくわからなくても、
きっと先々、何かの役に立つんだ」というような
前向きな気持ちを持てるといいですね。

(≠前向きな気持ちを持たなければ、ではありませんので
無理はしないでくださいね)

 

また、自分と人を見比べて、
劣等感を強く感じることもありそうです。

でも、これも
上の星の動きメモに書いたことと同じで
「そう思いやすい時期だから」で
スルーでオッケーです。

 

ですが、
もし劣等感を掘り下げたいと思われたときは、
以下2つの視点からご自身が感じている劣等感を
見つめてみてください。

・本当に劣等感を感じる必要があるかどうか?
(社会的な「こうあるべき」という価値観から生まれた劣等感で、
本当は今の状態でも問題ないのではないかどうか、を確認)

・劣等感を埋めた先に自分の理想や憧れの姿があるのではないか?
劣等感を抱いている要素について改善がされたら
どんな自分になれそうか?どんな気分でいられそうか?を考えてみる。

→実は、本当に大切なのは、
「どんな自分になれるか」ではなくて、
「どんな気分でいられるか」の方。

劣等感を抱いている要素を改善して
「こんな気分で過ごしたい」が
私たちの心が求める最終ゴール。
(どんな自分になるか、は、あくまで手段なのです)

 

たとえば、
堂々とした気分でいられそう、とか、
楽しい気分でいられそう、だったとしたら、
どんな自分になるか、よりも、
そういう気分で過ごせることが大切、ということです。

 

もし劣等感を掘り下げて、
ご自身の成長のきっかけとして
活用していきたい!と思われる方は、
よろしければ上記のアプローチを試してみてくださいね。

 

***

それでは、今日も1日、目の前の時間を楽しんで!

 

★ランキングに参加しています。
最後に2つのバナーのポチッとクリックして応援していただけると、
とっても励みになります!よろしくお願いします 😀
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

 

★星の話をするかもしれないし、心の話をするかもしれないし。
どちらの話もしないかもしれないし。
役に立つかもしれないし、役に立たないかもしれないし。
そんな感じのゆるーいメルマガ。※思いつき不定期発行です※

まだ未登録の方はよろしければ、下記フォームよりご登録ください。


*お名前(姓・名)
*メールアドレス
※メールアドレスのご記入間違いのないようにご注意ください。
※携帯会社のアドレスでご登録の際は、必ず「mackienekolove.com」からのメールを受け取れるように受信設定をしてください。

スポンサーリンク




「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

星読み師まっきー(永山まきこ)

2010年より「星読み師」としてプロ活動を開始。 太陽みずがめ・月おうし。大阪在住。
「行動しない」「超ネガティブで卑屈」「自分嫌い」な状態から星読みと心の観察を通して「行動する」「ネガティブな感情を活かす」「自分OK」な状態へと変化させた自身の経験をベースに星と心の情報を発信。 星読み師としての活動のテーマは、「生き辛さを抱えている人が心軽やかに生きていくための具体的で実行しやすいヒントを伝えること」。
2018年より「人の心に希望の光を灯す星読みができる人を増やすこと」を目標に掲げ、定期的に西洋占星術講座を開講。
-----
物事の判断基準は、おもしろいか、楽しいか、カッコいいか。 人生のモットーは「楽しかったらええねん」(笑)。 重度のねこ中毒。癒しはねこ吸引(ねこのお腹に顔をうずめて匂いを嗅ぐこと)。