2019年12/3~のやぎ座木星期間について

 

2019年12/3に木星がやぎ座へと移りました。

 

木星がやぎ座に滞在するのは、
2020年12/19まで。約1年間。

その間、どんなことを意識すればいいのか。

 

この記事では、
そんなことについてお話をしていきたいと思います。

 

 

1.やぎ座木星に反応をしやすい星座(サイン)

 

まず最初に。
やぎ座木星に反応しやすいサインについて
リストアップしておきます。

▼やぎ座木星に反応しやすいサイン

❶やぎ座
❷かに座
❸おうし座・おとめ座
❹おひつじ座・てんびん座

 

上記のサインに太陽がある方。
(=12星座占いで見る星座が
生まれたときの太陽が位置しているサインを示しています)

そして、
月・水星・金星・火星がある方も
木星に反応する可能性が高いです。
(ネータルだけではなく、プログレスでも可)

あとは、専門的になりますが、
アセンダントやディセンダント、
MCやICが上記サインにある方も
何かしら反応が出てくると思いますので、
よかったら意識をしてみてくださいね。

 

★自分でホロスコープを出してチェックしたい方は、
【まとめ】おすすめのホロスコープ作成サイト・アプリ・ソフトの記事をご参考ください。

 

2.木星に反応するとどんな体感が得られたり、どんな出来事が起こる可能性があるのか

 

では、次に。

木星に反応したとき、
どんな体感が得られたり、
どんな出来事が起こる可能性があるのか。

 

具体的には以下のようなもの。

・なんとなく心が穏やかで落ち着いている
・根拠のない安心感がある
・楽天的になれる
・前向きになれる
・追い風を感じられるような流れがやってくる
・求めれば必要な助けがやってくる
・喜ばしいことが起こる
・これまでやってきたことが認められる
・何かが増える/拡大する

 

いずれにせよ
ポジティブな印象のモノが多いのが
木星に反応したときの特徴です。

 

ですが、
普段、
「頑張らなくちゃ!」
「きちんとしなくちゃ!」と
自分にプレッシャーをかけて
緊張感の高い日々を過ごされている方は、

・だらしなくなる
・力が抜ける
・やりたくないことができなくなる
(責任感や義務感で
どうにかやってきたことができなくなる)
・我慢ができなくなる

という反応が出てくることも。

 

この反応は、
真面目な方ほど
「なんでちゃんとできないんだろう!!」と
ストレスを感じてしまうかもしれませんが、
いいんです。今は。

「“ちゃんと”しなくていいんだよ。
必要以上の荷物を背負わないで
もっと肩の力を抜いて生きてもいいんだよ」と
木星が教えてくれているから、
やる気が出ないんだな、なんて思ってみるのもいいでしょう。

ゆる~っとね。
リラックスして。

で、
よかったら、
社会生活に支障をきたさない範囲で、
存分にだらしなく過ごしてみてください。
案外、なんとかなるものですから。

 

また、これに関連して、
「本当にやりたいこととは違う道を進んでいたら、
いきなりその道が閉ざされて半ば強制的に方向転換させられる」
ということも
木星に反応したときに起こりやすいこと。

 

これは一見すると
ネガティブな出来事のように思えます。

たとえば、
・仕事をクビになる
・仕事の契約が終了する
・会社がつぶれる
・離婚する/パートナーと別れる
みたいな形で現れることがあります。

 

実は、私もかつて木星に反応して
それまで長年歩き続けた道が
いきなりバーンと閉ざされて、
方向転換した道も再びバーンと閉ざされて。

そして、
道が閉ざされまくった結果、
「星読み」の道を歩き始めた口・・・。笑

 

なので、
あなたが木星に反応して
(というか木星以外の星でも同じなんですが)
ネガティブな出来事が起こったとしても
どうぞ安心してください。

木星はあなたが、
あなたにとってふさわしい道へと進んでいけるよう
後押しをしてくれますから。

 

いつもお伝えしていることですが、
必要なことは必要なタイミングで起こるようになっています。

天体の動きには何一つ間違いはない。
ということは、
それに反応して起こった事象にも何一つ間違いはないのです。

どうぞこのことを信頼してくださいねー。

 

3.やぎ座木星期間をより良く過ごすために。

 

木星がやぎ座にある期間は、
2019年12/3~2020年12/19まで。

この間、やぎ座の木星は、
同じくやぎ座にある冥王星や土星と
タッグを組んで働き、
3月なんかは、ここに火星も参戦して、
やたらとやぎ座濃度高すぎなオリンピックイヤーとなります。

 

そんなやぎ座木星期間。

私的に意識していくと良さそうだなーと思うのは、
「形にしていく」
「実際に経験していく」
「現実を確実に動かしていく」ということ。

有 言 実 行!!です。
(不言実行でもいいですが)

 

たぶん、
これだけ星たちのやぎ座濃度が高いと
形になるのが早くなると思います。
現実が動くのも
今までよりも早くなるはずです。

 

そこで大切なのは、
基礎・根っこ・根本を整えていくこと。
土台をおろそかにしないこと。
小手先で、表面的にどうにかしようとしないこと。

これらがフワフワしていると
現実の反応は鈍くなります。

なので、
もし自分の”基礎”に不足感を感じている方は、
まずはそこを固めるところから着手されるといいでしょう。

「今さらこんなことをやるなんて」と思わずに、
プライドを捨てて取り組んでみてください。

 

でも、
だからといって、
ずっと基礎のままで
とどまっている必要はありません。

自分に自信がないタイプの方は、
いつまで経っても
「もっと基礎を固めてから」と言い続け、
まったく実践の場に立たれないことがあるのですが、
2020年は、実践の場へと足を踏み出して、
身体を張って、実地の経験を重ねていきましょう。

 

実際に経験をすれば、
現実は確実に動きます。

そして、
その動いた現実を見て、
また次の行動を決めることができます。

そうすると
さらにまた現実が動きます。

 

あとは、
なかなか成果が出ないことに取り組んでいる方で
2020年も求めている成果が得られなかった場合は、
切り替えて別の道へ行く、
という決断を迫られることがあるかもしれません。

これは、
あなたがよりスムーズに
より確実に成果が得られる道への方向転換を促す流れ、
だと思ってください。

 

どのようなことが起ころうとも、
どのような決断をしようとも、
私たちの人生は、
つねにより良くなる方向にしか進んでいきません。

一見、悪くなっているように見えることも
より良くなるための伏線です。

 

「いや、それでも私の人生は悪くなっている」

そう思われる方は、
そう思っていただいても大丈夫ですよ。

 

でも、そう思って
これから死ぬまでの間、
ただひたすら悪くなっていく状況に
耐えて生きていく生き方って、
ちょっとしんどくないでしょうか。

 

私はそういう生き方をするよりも、
「より良くなっていってるんだな!」と思って
生きていった方が、
人生、楽しいなーと思うんですよね。

 

また、私たちの現実を司る法則として、
「自分が意識を向けたことが拡大する」
というものがあるので、
悪くなっている、と思えば、
悪くなる現実がどんどんやってくるし、
より良くなっている、と思えば、
より良くなる現実がどんどんやってくる。

だから、
やっぱり
「より良くなっている」と思うことを
私は選んでいきたいし、
このブログでもそういう視点を持つことを
オススメしていきたいと思っています。

 

…と、なんか最後は、
星読みと関係ないことを書いちゃいましたが、
(私あるあるですが笑)
以上、やぎ座木星についてのお話でした!

木星がやぎ座に滞在している時期を過ごすときに、
少しでもお役に立ていただけましたら幸いです。

スポンサーリンク




「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

2 件のコメント

  • もう、これだからマッキーさん(のブログ)大好き!
    と書きつつ、一年近く、公私共にバタバタで来れてませんでしたが(^◇^;)

  • まっきーさん、いつもわかりやすい解説をありがとうございます!

    やぎ座木星とてんびん座が反応してるなんて意外でした!
    ふわふわ自由なてんびん座と格式高いやぎ座の接点がどこか?不思議です。
    とにかくそういうものだと思いつつ、やぎ座木星の時期を過ごしたいです。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    星読み師まっきー(永山まきこ)

    2010年より「星読み師」としてプロ活動を開始。 太陽みずがめ・月おうし。大阪在住。
    「行動しない」「超ネガティブで卑屈」「自分嫌い」な状態から星読みと心の観察を通して「行動する」「ネガティブな感情を活かす」「自分OK」な状態へと変化させた自身の経験をベースに星と心の情報を発信。 星読み師としての活動のテーマは、「生き辛さを抱えている人が心軽やかに生きていくための具体的で実行しやすいヒントを伝えること」。
    2018年より「人の心に希望の光を灯す星読みができる人を増やすこと」を目標に掲げ、定期的に西洋占星術講座を開講。
    -----
    物事の判断基準は、おもしろいか、楽しいか、カッコいいか。 人生のモットーは「楽しかったらええねん」(笑)。 重度のねこ中毒。癒しはねこ吸引(ねこのお腹に顔をうずめて匂いを嗅ぐこと)。