【まっきーの考え方の根っこ。】①ぜんぶ、どっちでもいい、と思っている。

 

今日から不定期にぽつぽつと
「私の考え方の根っこ」をお話していこうかなーと思います。

 

私の物事の考え方には、
「これ!」っていう根っこがあって、
それをベースに毎日の星読みをしたり、
セッションや講座でお話をしています。

今までもいろんなところで
「私はこう思う」「私はこう考えている」ということは
お伝えしてきましたが、
一度、ちゃんとまとめてお伝えしておこうかな、と。

 

そして、これからは
「その考え、共感できる!!」という方にだけ
セッションやレッスン、講座に
お越しいただければなーと思っています。

ほら。
この辺りが合わないと、
せっかくセッション等を受けていただいたのに、
「なんか違う・・・」となってしまうかもしれない。
そうなると、とてももったいないですよね。
時間もお金も労力も。

 

なので、
お見合い的な感じで
「私の考え方の根っこ」を知っていただければ、と思っていますので、
今後、セッションや講座受講をお考えの方は、ぜひともご一読ください。

もしかすると、毎日の星読みで書いている言葉の意味も
わかりやすくなるかなーなんて思っています。

 

 

では、
今日は「私の考え方の根っこ」の一つ目。
根っこの、ど真ん中にある根っこ、です。

それは
【本当はぜんぶ、どっちでもいいと思っている】です。

 

いきなり投げやりな感じでスミマセン。
黒まっきー登場です。(笑)

この「どっでもいい」は、
どーでもいい、とか、
好きにすれば?とも言い換えられます。

・・・うーん。
言い換えてみても、投げやり感は消えず。
(いや、むしろ増したな。汗)

 

 

1.もう少し具体的に説明すると。

 

何をどのように「どっちでもいい」と思っているのか、を
もう少し具体的に説明すると。

 

ポジティブ思考が正義で、
夢や目標を叶えて、成長し続けて、
自分らしく生きていくことだけが《正解》だなんて
私はこれっぽっちも思っていないんです。

別にネガティブ思考でもいいと思うし、
毎日が「つまらない」と文句を言いながら
生きていくのもいいと思う。

夢や目標なんて
なくったって生きていけるし、
成長なんかしなくていい。
“自分らしさ”から反して生きていてもいい。

 

「え!?いつもブログで書いていることと真逆じゃないか!」と
思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、
私は「これが絶対的なものです」という伝え方は
してこなかったはずです。

 

2.どんな生き方があってもいい。

 

私は、どんな生き方があってもいい、と、
本気で思っています。

それが周りから見て
いくら歪んでいびつな生き方だったとしても。
たとえ本人が幸せではなく、どれほど苦しんでいたとしても。

なぜなら、
その生き方がその人の人生だから。
感じる感情もその人のものだから。
他人がとやかく口を出すことじゃない。
(もひとついえば、その人の魂は、
その生き方を許している)

 

もしその人の苦しみがまき散らす火の粉が
自分の人生に降りかかってきたら?
それにどう対処するか、は、自分の責任。

人間らしい反応として
その人のせいにしたくなるし、
その人に「変われよ!」と思いがちだけど、

巡り巡ってなぜかその人とご縁があって
関わることになってしまったのだから、
前向きにあきらめるしかない。

 

もしどうしても
他人がまき散らす火の粉をかぶるのが嫌なら、
人里離れた山奥で一人きりで生きていくしかないよね。

人と人が同じ時間と空間を共有して生きているんだから、
火の粉や泥水の飛沫を飛ばすのは、お互いさま。

 

考え方や物事の解釈についても然り。

その人がどんな考え方を持っていてもいいし、
どんな風に物事を解釈してもいい、と思っています。
頭の中にあるものに、他人がとやかく言ってもね。
その考え方や解釈はその人のもの、なのです。

 

3.ヤバい。“自分”が消える!

 

・・・と、こんな風に
いろんなことをぜんぶ、どっでもいい、って思っちゃうと、
スコンと“自分”が消えるんです。

 

自分の考えがなくなる。
反応も、判断も、なくなる。
物事が自分の中に響かなくて、
ぜんぶ素通りしてしまう。

空っぽ、というよりも、
透明、に近いような・・・。

 

でも、そうなっちゃうと、
この世界で「人間」として生きていくことが
とても不便になってしまいます。

どう不便になるかと言うと、
たとえば、人との会話ができなくなります。

「いいお天気ですね」という日常会話でさえ、
そこに“いい/悪い”の判断が含まれているから、
どっちでもいい、ので、「はぁ」みたいな
ふぬけた反応しかできない。(笑)

誰かの悩みや愚痴を聞いても
「ふぅ~ん」という空気のような反応しか出ない。

あと、行動もできなくなる。
だって、どっちでもいい、から、
自分の意志も消えちゃう・・・。

 

あれ?これってヤバくない!?と思った私は、
どっちでもいい、を、脱出するための
一つの指針を発見します。

 

4.“好き”を指針にすればいいんじゃない?

 

ぜんぶ、どっちでもいい、という
透明な状態から脱するためには
どうすればいいんだろう?

そう自分に問うたときに、
「あ、好きか、嫌いか、でいいんじゃん!!」という
ひらめきがピッキーン!と舞い降りてきました。

 

私の中に「好き」という感覚は、確かにある。
「好きか・嫌いか」の判断は、明確にできる。

だったら、これを指針として
自分の考え方や価値観、物事の解釈を
選べばいいじゃないか、と。

 

この発見が、
私がブログでよくお伝えしている
《考え方や価値観の違いは、食べ物の好みの違いと同じ》という
言葉につながるのです。

 

5.だから、ブログで伝えていることは、
「私が好きな考え方や価値観」。

 

だから、
私がブログでお伝えしていることはぜんぶ、
「私が好きな考え方や価値観」です。

あー、いいなあ。
好きだな。と心がほわほわと温かくなったり、
全身にぎゅるんと力がみなぎるような、
そんな考え方や価値観です。

たくさんの方にお伝えする以上、
私自身が腹の底から納得しているもの、でもあります。

 

私は自分が気分よく生きていくことが最優先で、
私にとって夢や目標は、生きる希望。
成長していくことは、生きる楽しみ。

そんな私の“好き”をベースにして
毎日の星を読んでいるので、

気分よく過ごすためのアイデアや
夢や目標を叶えるためのアプローチや
自分を成長させるための意識の向け方について
よくよくお伝えしているのです。

 

6.まとめ。

 

ということで、
私は、基本的に「ぜんぶ、どっちでもいい」と思っています。

いろんなことに関して、
どっちでもいいし、好きにすればいい。
私は、私の“好き”に忠実に従うだけ。

考え方も、物事や言葉の解釈も、
自分の好きなものを選べばいい。

これが私の考え方の根っこの、ど真ん中の根っこ、です。

スポンサーリンク




「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

4 件のコメント

  • ふりかかる火の粉を前向きにあきらめる
    っていいですね^_^
    逃げるも消すも浴びるもよし

    仕事人として、自分なりの指針、スタンスを示す
    それに共感する人がクライアントさんになればいい

    最近そんなことを考えていました

    仕事イコール生き様だから
    仕事のスタンスを変えることは、人生のシフトチェンジなのかもしれません

    • Madeleineさん、コメントのお返事、遅くなりました。

      >仕事イコール生き様だから
      >仕事のスタンスを変えることは、人生のシフトチェンジなのかもしれません

      本当にそうですよねー。
      今、仕事のスタンスを見直し中なのですが、
      そこに自分の人生観や生き様がはっきりと現れてきて、
      まさしく「人生のシフトチェンジ」だなーと感じています。
      ワクワクしつつ、ちょっとドキドキ、です。(^^)

  • 記事の内容とは、全く関係ないのですが。
    今、急に、子供の頃に何度となく言われた「どっちでもいい」が、自分のトラウマになってたことに気づきました。(;ω;)
    私、ASC付近に天王星がある変わり者(笑)なので…子供の頃は、仲良しグループなの、同じクラスなの、同じ学年なの、ぜーんぶ無視で、近所の原っぱで楽しそうに遊んでる人たちを見つけると、知らない人でも(少なくともご近所さん、同じ小学校)仲間に入れてー、って言ってたんですよ。(^^;
    低学年の時はフツーに混ぜて貰えたのに、ある頃から、何故か「どっちでもいい」と言われてしまうように…遊びたいのに、イエスでもノーでもなく、どっちでもいい…。
    そんなことが何度か重なってから、すっかり人の輪に入れなくなった私は、放課後は図書室へ行くのだけが楽しみになり…何故か、占いとか、おまじないとか、妖精さんとかの世界にどっぷり浸かるように(苦笑)
    今思えば、イエスかノーかはっきりしろよ!と思ったのが、私の二元論世界の始まりだったように思います。(´・_・`)

    • イエス・ノーへの問いかけに対して
      「どっちでもいい」という返答・・・。
      本当に「どっちでもいい」のであれば全然いいんですけど、
      「どっちでもいい」といいつつ、相手の答えが決まっているのが“見える”ときは、
      「はっきり言わんかい!」と内心イラッとしちゃいます。(笑)

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    星読み師まっきー(永山まきこ)

    2010年より「星読み師」としてプロ活動を開始。 太陽みずがめ・月おうし。大阪在住。
    「行動しない」「文句ばっか言う」「自分嫌い」な状態から星読みと心の観察を通して「行動する」「文句を活かす」「自分OK」な状態へと変化させた自身の経験をベースに星と心の情報を発信。 仕事のメインテーマは、「生き辛さを抱えている人が心軽やかに生きていくためのヒントを伝えること」。 現在は、ブログでの情報発信を中心に不定期に星読み講座・個人セッションを実施。
    -----
    物事の判断基準は、おもしろいか、楽しいか、カッコいいか。 人生のモットーは「楽しかったらええねん」(笑)。 重度のねこ中毒。癒しはねこ吸引(ねこのお腹に顔をうずめて匂いを嗅ぐこと)。