毎日の星読み雑感について

 

私たちが住む地球の衛星である月、
太陽系の惑星たちは、日々、それぞれのリズムで動いています。

地球が生まれてから今まで、そして、これから先も
地球から見た太陽と月、惑星たちの配置は、
似たような状態になることはあっても
まったく同じ配置になることは二度とないと言われています。

これは私たちの人生と同じです。
似たような日はいくつもあるけれど、
何もかもがまったく同じ日を生きることはない。

毎日、毎日、が、
二度とない一瞬が積み重なった、時間。

でも、日々、時間に押し流されるように、
やらねばならないことに追われて生きていれば、
「今日」が「今日」しかない、なんてことは忘れてるし、
明日も明後日も明々後日も
昨日や今日と同じような日が続くものだと思って
ときにうんざりしたり、苦しくなってしまうもの。

だけど、星たちは教えてくれます。

どんな「今」も
永遠に続くことはない。

ということを。

そんな星たちが見せてくれる
「今日」という1日の風景を
「毎日の星読み雑感」として記していこうと思います。

 

毎日の星読み雑感について

 

その日1日の星の配置を見て、
「今日はこんな感じ!」という印象を
ワタクシ星読み師まっきーの独断と偏見(と妄想・笑)の解釈でお届けします。

ここでお伝えする「今日はこんな感じ!」は、
あなたが何座生まれか、どんな星を持って生まれたか、は関係なく、
地球上に生きる私たちを覆うオーラのようなふわっとした空気感 です。

例えるなら
「目に見えない世界のココロの天気予報」みたいな感じ。

ただ、その日の星の「こんな感じ」に
反応する人と反応しない人がいます。
つまり、「当たってる!」と思う方と
「え?全然当たってないけど?」と思う方がいらっしゃるということ。

読み続けていただくと同じ人でもその日によって、
「今日は当たってる!」という日とそうでもない日があると思います。

それはどうしてかというと、
その日の星に配置に反応するかどうか、は、
その人が持って生まれた星やバイオリズムの星の動き、
現実的な今のコンディションによって違ってくるから、です。

身近な例でいえば、
インフルエンザや風邪が流行っていても
かかる人とかからない人がいるし、
同じ人でもかかる年もかからない年がありますよね?

かなりざっくりではありますが、
星の配置への反応も、これとちょっと似ています。

 

あとは、
私の星の解釈とあなたの感性/アンテナとの相性、も大きく関わります。

日本だけを見ても
その時々の星の動きを読んだ情報がたくさんあるようですが、
近しいことを書かれているものもあれば、
全然違うことを書かれているものもあると思うんですよね。

よくクライアントさんから
「どうして違うのですか?」と尋ねられるのですが、
それは“星を読む人が違うから”なんです。

 

西洋占星術は、英語ではAstrology(アストロロジー)というのですが、
古代ギリシャ語のAstro(=星の)とLogos(=言葉)が語源となっています。

つまり、西洋占星術とは、
星の言葉を読み解く占術ということ。

 

私は、星たちが語る言葉は、
人智をはるかに超えた深遠な叡智のかたまりだと思っていて、
そのメッセージのすべてを人間ごときが解釈できるとは思っていません。

そもそも占星術で扱う太陽系の星たちの言葉は、
地球に住む人間の常識や固定概念なんて関係ありません。
しかしながら、それを無理やり「地球サイズ」あるいは、
その人が生きている社会のサイズに落とし込んで翻訳しているのです。

となると、
同じ人間の言葉である英語を日本語に翻訳するだけでも
その翻訳者のカラーが色濃く反映されるのですから、
地球語ではない宇宙の言葉を翻訳するとなると
いろいろな解釈が出てくることもご理解いただけるのではないでしょうか。

 

なので、
もしあなたがご自分で星を読まれるのであれば、
ぜひご自分のハートと魂が「これでいい!」と納得できる解釈をされるといいと思います。
教科書的な解釈は、あくまでも“教科書”ですから。(笑)
現実は、小説より、教科書より、奇なり、です。

もしあなたが星は読めないけれど、星の情報を知りたいと思っているのであれば、
あなたのハートと魂にしっくりくる情報源を探してみてくださいね。
なんか違うなー、違和感を感じるなーという情報はスルーでオッケーです!

 

最後に。

星の流れを意識し始めると
シンクロが起こりやすくなったり、
気分も明るく軽やかになったり…と
人生の流れが良くなることがあります。

でも、逆に、星の流れを意識しすぎて、
変に頭で考えすぎて動きが鈍くなってしまったり、
星の流れを知らなければ出てこなかったような
新たな不安を作り出してしまうこともあります。

もし星を知ることによって
あなたがネガティブな状態に陥ってしまったときは、
どうぞ一度、星を捨ててください。
星の情報なんて、無視してください。

ぶっちゃけ、人は、星なんて知らなくったって生きていけます。
あくまでも星は自分の人生を楽しく生きていくためのサポーターです。
人生の“主”は、星、ではなく、自分、です。

また、星で示されることよりも、
自分のハートから、腹の底から、第六感から知らされる直感を信じてください。

大切なのは、星より直感!

ですよー!

 

あなたの人生のおいて
より多くの時間が楽しく軽やかなエネルギーで満たされるよう
宇宙と星からのメッセージをお届けすることでお手伝いできれば、と思っています。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

 

memo

記事内で惑星の名前の横に書いてある数字、
例えば「今日の月は水星(90)、天王星(180)と関わっていて…」と書いているカッコ内の数字は、
月と水星が90度の位置関係、月と天王星が180度の位置関係という、
星同士の位置関係がどのような角度を取っているか(アスペクト)を書いています。
星の知識がない方にも読みやすくしたいのであまり専門用語は取り入れず書いていますが、
占星術をお勉強中の方からは「アスペクトを知りたい」というお声もあったため
このような表記としています。どうぞよろしくお願いいたします。




「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

星読み師まっきー(永山まきこ)

大阪在住。太陽みずがめ・月おうし。ねこ中毒(重度・笑)。 2010年より「星読み師」としてプロ活動を開始。 現在は、個人セッション(対面・通信)を中心に、マンツーマン/グループでの星読み講座を開催し、講師活動も行う。2015年2月より大阪・中津にオフィスを構え、全国各地・海外から多数のクライアントが訪れている。