【2019年6月】今月の星の動き―自分の常識の枠を広げて、物事をどんどん進めていこう。

 

こんにちは、
星読み師まっきーこと、永山まきこです。

 

さて、
今月も私の独断と偏見でピックアップした
6月の星の動きの解説をお届けいたします。

 

今月も有料配信ではなく、
ここで無料で全公開します。

やっぱり
「ああ、この星の解説は有料版お話したから
書けないんだった…」と悩むことなく
毎日の星読みを書けるのは非常にストレスがなくて。

だったら、
フルオープンにしちゃった方がいいな、と思いました。

 

今月は、
いつもよりかなり短めとなっていますが、
不足部分は毎日の星読み雑感で
随時、補足していきますね!

 

では、
今月のラインナップは以下の通りです。

 

 

1.2019年5月の星の動き一覧

 

・6/3(月)19:02 新月@ふたご座12度
・6/5(水)5:02 水星がかに座入り
・6/9(日)10:37 金星がふたご座入り
・6/10(月)14:59 上弦の月@おとめ座19度
・6/17(月)17:31 満月@いて座25度
・6/21(金)23:12 海王星が逆行開始@うお座18度(~11/27まで@うお座15度)
・6/22(土)0:54 太陽がかに座入り(=夏至)
・6/25(火)18:46 下弦の月@おひつじ座3度
・6/27(木)9:18 水星がしし座入り

 

2.今月の星の動きのポイント

 

(1)果てしなくどこまでも拡大していく太陽

 

今月の半ばくらいまで
太陽は木星と海王星の影響を受けます。
(6/10に海王星が90度、6/11に木星が180度)

木星も海王星も
拡大する力を持つ天体なので、
太陽が管轄する事柄が大きく広がっていく、と、
考えることができます。

 

太陽が管轄する事柄は、
自己実現にまつわること、
夢や理想、目標です。

この太陽が大きく広がると
夢や理想が果てしなく広がったり、
あれもやりたい、これもやりたい、と
やりたいことをどんどん思いついて
収拾がつかなくなるかもしれません。

海王星は、
“今ここ”や現実感を配慮しない
非現実的な「夢見」のエネルギーを持った星なので、
夢や理想が非現実的な方向に、
現実逃避的な方向に広がる可能性もあります。

 

が、
6月前半は、
思いっきり夢や理想を
広げておくといいと思います。

非現実的でも
現実逃避的でも何でもオッケー。

想像力を解放して
自分を制限することなく
どこまでも自由に。

だって、
想像するのは自由だから。

「非現実的すぎるから考えちゃダメ」
なんてことはないのです。

 

6/22に太陽がかに座に入ると、
6月前半の夢見がちな流れは
落ち着きます。

太陽がふたご座にあった期間に
思い描いた夢や理想が
あまりに突飛なものだったとしても、
太陽がかに座に入ると、
いい意味で「常識の範囲内」に整えて、
現実化への道筋を作っていけるはずです。

 

だけど、
「常識の範囲内」は、
人によって様々なんですよね。

 

たとえば、
日頃、あまり移動をしない人にとっては、
東京ー大阪間くらいの移動は、特別なイベントです。

でも、
日頃、海外出張ばかりしている人にとっては、
東京ー大阪間くらいの移動は、
さほど特別なことではなく、
「ちょっとした移動」くらいな感覚です。

こんな風に
その人にとっての
「常識の範囲」は違うのです。

 

私たちは、
自分が無意識のうちに持っている
「常識」や「当たり前」の世界の中で生きています。

 

上の例でいえば、
あまり移動をしない人にとっては、
自分の住んでいる地域がその人の世界で、
海外出張が多い人は、
全世界がその人の世界です。

前者の人にとっては、
慣れ親しんだ地域から出ることは
とても勇気が要ることですが、
後者の人にとっては、
どこに行くにも躊躇がない。

となると、
この二人の人が人生において
経験する世界の広さが
全然違うものになるだろうことは
簡単に想像できると思います。

 

だから、
いくら変えたい、変わりたいと思っても、
自分の中に根付いている
「常識」や「当たり前」の感覚が変わらなければ、
なかなか自分自身や
自分が生きる世界を変えることは難しいのです。

 

なので、
もしあなたが自分自身を、
自分の世界を変えたいと思われているのであれば、
特に6月前半は、
夢や理想を思いっきり広げて、
自分の中にある「常識」や「当たり前」の制限を
ゆるめることを意識してみていただければなーと思います。

そうすると
太陽がかに座に入ってからも
自分の「常識の範囲」が広がり、
今までであれば
「無理かもしれない」と
実現することをあきらめていた夢や理想も、
「案外、いけるかもしれない」と
思えるようになるかもしれません。

 

(2)来月7/8から水星逆行が始まるので、今月は動かせることはどんどん動かしていこう

 

来月7/8~8/1まで
今年2回目の水星逆行が始まります。
(あ、令和最初の水星逆行が始まります・笑)

簡単に水星逆行の流れをメモしておくと、、、

・7/8(月)8:23 しし座4度にて水星逆行開始
・7/19(金)15:51 水星がかに座に戻る
・8/1(木)12:59 かに座23度にて水星逆行終了

 

水星逆行期間中は、
前に進む行動を少しペースダウンして、
過去を振り返り、見直して、
より良い未来を創っていくための準備期間です。

このため、
水星逆行期間中は、
物事が停滞したり、
新しいことを始めるには不向きだ、と言われています。

 

なので、
ぜひ6月のうちに、
新しいことを始めたり、
今取り組んでいる物事を前に進めていきましょう!

そして、
7月は6月で作った土台に添って
淡々と物事を進めていくといいと思います。

 

ちなみに。
「水星逆行って何?」と思われた方は、
下記記事に詳しく説明していますので、こちらをご参考ください。

★【参考記事】「水星逆行とは」

また、水星逆行中は、
教科書的に「あれやっちゃダメ」「これやっちゃダメ」と
言われている期間なのですが、
そのことにまつわる私の考えを下記記事でまとめていますので、
よろしければこちらも合わせてご参考ください。

★【参考記事】「水星逆行中は、○○しない方がいい?」

 

(3)かに座の水星と火星、やぎ座の冥王星と土星の関係性

 

今月は、かに座の水星と火星がピタリと重なり、
そこに真正面からやぎ座の冥王星と土星が関わる、という
なかなかハードな星の配置ができあがります。
(しかも、水星と火星が重なるのはドラゴンヘッドのそば)

 

でも、これは、
(2)のところでお伝えしたように
今月、物事を前に進めていくためには
とても使える配置です!

しかも、
かなり集中力と持久力がアップしますので、
やりたいことがある方は、
ぜひとも積極的に進めていってください。

夢や理想を実現するための一歩を
踏み出すタイミングとしてもオススメですので、
勇気を持ってトライしてみてください。

 

また、人によっては、
やりたい/やりたくない、という個人的都合よりも、
使命感に駆られて行動する方も
いらっしゃるかもしれません。

自分のため、というよりは、
誰かのため、という意識も強くなることが
あるかもしれません。

 

でも、
そういうときはくれぐれも
自己犠牲的にならないように気をつけてください。

 

あなたがどれほど
「あの人が喜んでくれるから」
「あの人の役に立ちたいから」と思って
一生懸命頑張ったとしても、
残念ながら、
あなたが思うほど
相手が喜んでくれないこともあるし、
役に立ったと思ってもらえないこともあります。

これは
あなたの頑張りが足りなかったわけでもないし、
相手が鈍いわけでもなくて、
「そういうもの」なのです。

 

だから、
もし「誰かのため」と思って行動するとしても、
相手の反応は期待しないようにした方がいいでしょう。

相手が喜んでくれたとしても、
喜んでくれなかったとしても、
ただ純粋に自分自身が「相手のため」に
こうしたいと思ったから、やるんだ。

そういう意識を持っておくと
自分に負担を強いるような
自己犠牲的な行動をしにくくなりますし、
自分自身の心の平和を守ることにもつながります。

もしよろしければ、ご参考くださいね。

 

ーーーーー

それでは、
今月の星の動きの解説は以上となります。

この1か月があなたにとって
充実した素晴らしい時間となりますように。

それでは、今月もどうぞよろしくお願いいたします!

スポンサーリンク




「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

星読み師まっきー(永山まきこ)

2010年より「星読み師」としてプロ活動を開始。 太陽みずがめ・月おうし。大阪在住。
「行動しない」「超ネガティブで卑屈」「自分嫌い」な状態から星読みと心の観察を通して「行動する」「ネガティブな感情を活かす」「自分OK」な状態へと変化させた自身の経験をベースに星と心の情報を発信。 星読み師としての活動のテーマは、「生き辛さを抱えている人が心軽やかに生きていくための具体的で実行しやすいヒントを伝えること」。
2018年より「人の心に希望の光を灯す星読みができる人を増やすこと」を目標に掲げ、定期的に西洋占星術講座を開講。
-----
物事の判断基準は、おもしろいか、楽しいか、カッコいいか。 人生のモットーは「楽しかったらええねん」(笑)。 重度のねこ中毒。癒しはねこ吸引(ねこのお腹に顔をうずめて匂いを嗅ぐこと)。