今日は星の話じゃなくて、心の話。自分を否定することと、信頼することのせめぎ合いについて。 ― 2018/12/26(水)今日の星読み雑感

 

おはようございます、星読み師まっきーです。
12/26(水)の星読み雑感をお届けします。
今日は長い。そして、ぽつり。は図解もりもり。です。

※「今日の星読み雑感」について
※海外在住の方へ。-「今日の星読み雑感」活用法

 

 

1.12/26(水)のホロスコープと月情報

 

 

※東京お昼12時、プラシーダスハウスで算出。

 

2.今日の星の動きメモ


※@時間について。
角度を書いている場合は、天体が正確なアスペクトを取るタイミング、
天体のサイン移動は、次のサインに移る時間を書いています。

@2:05
月と水星が120度
@6:37
月と金星が90度

もし今、心が満たされている状態であれば、
楽しく明るい気分でいられるでしょう。

でも、もし今、
心が満たされていない状態であれば、
不満感が募ってしまって
ちょっと駄々っ子みたいな自分が
出てくるかもしれません。

そんなときは、
「そうか、そうか。
○○がほしいんだねー」とか
「○○がうらやましいんだねー」と
自分のことを労わってあげていただければ、と思います。

 


@12/27(木)0:36
月と天王星が120度

もし上に書いたような
駄々っ子モードが出ていたとしても、
この配置ができ始める15~16時くらいから
気分は晴れやかになってくると思います。

人は人。
自分は自分。という意識も
持ちやすくなるはず。

 

私たちが基本、何かがほしいと思うとき、
人と自分を比較してうらやんでいることが
多いんですよね。

もちろん、比較していいんです。
比較することで
「私は何がほしいのか」がわかるから。

だけど、
ほしいと思っているものが
「私には手に入れることができない」と思うと
強烈な嫉妬を感じたり
自分自身や人生に失望するんですよね。

 

でも、ここで
いつもの問いを自分に投げかけましょう。

「本当に?」
「絶対に?」
それは手に入れることはできないのか、と。

 

どれほどうらやんでも
物理的かつ生物的に無理なことはあります。

たとえば、
1年前に時間を戻す、とか、
10代の身体能力を取り戻す、とか。

でも、それ以外のことであれば、
本気で手に入れる方法を探して
行動を起こしていけば、
実現できることも多いもの。

 

あきらめることなんて
いつでもできるから。

憧れやうらやましさ、
ときに妬ましさを感じているのなら、
あなたの中には
まだまだ挑むことができる
情熱が眠っている、ということです。

 

3.今日のぽつり。
― 今日は星の話じゃなくて、心の話。自分を否定することと、信頼することのせめぎ合いについて。

 

今日のぽつり。は、今日の星を無視した話。
いや。キロンと関係があると言えばあるのかな。

自分を否定することと、
自分を信頼することのせめぎ合いのお話です。

 

今日は図解が頭に浮かんじゃって、
バーーーッと書いたので、
図解とともにお楽しみにください。

 

 

下の図のように
私たちは誰でも
「自分の本来の輝き」を持っています。

でも、子どもから大人になる過程で
「自分の本来の輝き」を否定するような経験をします。

それは親や周りの大人から
自分の個性を否定するようなことを言われた経験、かもしれないし、
(彼らは否定するつもりはまったくなかったとしても)
何かを失敗した経験や誰かに嫌われた経験、かもしれません。

いずれにせよ
「あ、私ってダメなんだ」と
思うようなことを経験するのです。

 

で、
自己否定意識の強い方は、
この「あ、私ってダメなんだ」という経験を
自分の中に深く刻み込んで
その「ダメ」評価とセルフアイデンティティーを
がっちり固く結びつけてしまうのです。

 

でも、
自己否定するときって、
苦しいですよね?
辛いですよね?

それはなぜか。

否定も疑いもぜんぶ否定して、
やっぱり自分の本来の輝きを信頼したい。から、
なんです。

だから、苦しいんです。

 

だって、
否定して疑ったままでいいのなら、
「私、ダメなんだ」を受け入れているのなら、
苦しくなるわけがない。

本当は
これっぽちも
自分のことを「ダメ」だなんて思いたくないから、
自分のことを「ダメ」じゃないと信じたいから、
苦しいんです。

 

ただ。
ここでひとつ、気付いてほしいことがあります。

 

あなたが自分のことを否定しているときも、
信頼したい、信頼しようと思っているときも、
「自分の本来の輝き」は
いつだってずーーーっとあなたの中にあるんです。

なのに、
その輝きを見ることなく、
うまくいかなかった現実を見て、
自分よりうまくいっている他人を見て、
否定したり、疑ったり、
いやいや、やっぱり信頼したい、と思ったり、
しているわけなんです。

「自分の本来の輝き」からしてみれば、
「いやいや、あんた、
私のことを見ずに何を勝手に
疑ったり、信頼したいとか騒いでるねん。
私、ずっとここいてるから」みたいな気分ですよね。(笑)

 

ということで、
今日は何が伝えたかったかと言うと、

自己否定とか自己信頼とか、
そんなこと考えなくったって
あなたの中に
「自分の本来の輝き」はあるから大丈夫。

ってことです。

 

自信がないと思うこと。
自信があると思えること。

この思いは
確かに生きていく上で
無視できない側面もあります。

自信がないという思いは、
私たちに必要な気付きや学びを与え、
自信があるという思いは、
私たちに勇気を与えてくれます。

 

でもね、
もうそこに頼らない、というか、
自信の有無は横に置いておいて
ただ「自分の本来の輝き」を表現するために
何ができるか、だけを考えて生きると
もっと軽やかになれるのかなーなんて
私は思っています。

 

以上、
今日はまったく星読みとは無関係な心のお話(笑)
図解付きでお届けいたしました!

自己否定と自己信頼の間で
葛藤している方の
何かしらのヒントになりましたら幸いです。

 

***

それでは、今日も1日、目の前の時間を楽しんで!

 

ランキングに参加しています。
最後に2つのバナーのポチッとクリックして応援していただけると、
とっても励みになります!よろしくお願いします 😀
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

スポンサーリンク




「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

3 件のコメント

  • 「自信の有無は横に置いておいて
    ただ「自分の本来の輝き」を表現するために
    何ができるか、だけを考えて生きると
    もっと軽やかになれるのかなー」

    おーっ!
    ありがとうございます♡

  • >なのに、
    その輝きを見ることなく、
    うまくいかなかった現実を見て、
    自分よりうまくいっている他人を見て、
    否定したり、疑ったり、
    いやいや、やっぱり信頼したい、と思ったり、
    しているわけなんです。

    ***

    自分と他者を比較した結果、
    自分には足りない点、他者に及ばない点があるかも、自分はダメなのかな、成功できないのかな、そういう不安や葛藤は、いろんな分野で活躍している一流と言われる人たちにだって必ずある経験ですよね。
    スポーツ選手しかり、芸術家や、商売してる人しかり。

    少し前に、とあるお寺さんでひいたおみくじに「たんなる幸運というものはない」と書かれていて、思わず、「ほんとにそうですね」と返事をしてしまったのですが。
    不安になっても、自分のことを疑ってみたくなっても、そのときにやるべきことをコツコツ続けること、どんなかたちになるかはまだはっきり分からなくても、やるべきことを自分で決めてコツコツ続けた結果、人それぞれ、必ず、何かしら、得るものはあって、そのとき、得るべきものを得られることが幸運なんじゃないかなと、今年はそんなことを実感した1年でした。
    それで、そのときどき、得るべきものを得ることができたら、その先の目標が見えてくるけれど、コツコツ何かを続けながら、お休みが必要なときは、きちんとお休みして、体力気力を養うことも大切ですよね。そしたら、やるべきことは、ほんとの意味で、やりたいこととして、自分の生活の中で成立するんじゃないかなぁと。

    自分でコツコツ何かを続けているとき、コツコツ何かを続けている自分を比較の対象に選んで、コツコツ何かを続けることができない他者が自分に対して干渉したり、否定してきたり、いわゆる「マウンティング」みたいなものををしかけてくることがあるかもしれないけど、そういう人を寄せつけないようにすることも、何か、具体的な対策としてできそうだなぁ、とか。
    星の動きと心の成長というお話を読み進めていくうちに、そういう事柄に関して、鍵となる「コツ」が解ってくるような、最近は、そういう気づきも、まっきーさんの星読み情報からもらっています。

    あと、わたしは付箋みたいなメモ感覚で、そのときの気づきに関するコメントを投稿してますから、返信のことは気になさらないでくださいね、まっきーさん(ペタ)☆

    • ・・・ そして、今日、わたしの中では、土星おばちゃんの姪「コツコツ」ちゃんが、お隣の水晶姉さん「きらきら」ちゃんと、仲良く遊んでいます(笑)

      まっきーさんのイラストがくれる、あたたかくて、生き生きしたイメージに感謝です☆

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    星読み師まっきー(永山まきこ)

    2010年より「星読み師」としてプロ活動を開始。 太陽みずがめ・月おうし。大阪在住。
    「行動しない」「超ネガティブで卑屈」「自分嫌い」な状態から星読みと心の観察を通して「行動する」「ネガティブな感情を活かす」「自分OK」な状態へと変化させた自身の経験をベースに星と心の情報を発信。 星読み師としての活動のテーマは、「生き辛さを抱えている人が心軽やかに生きていくための具体的で実行しやすいヒントを伝えること」。
    2018年より「人の心に希望の光を灯す星読みができる人を増やすこと」を目標に掲げ、定期的に西洋占星術講座を開講。
    -----
    物事の判断基準は、おもしろいか、楽しいか、カッコいいか。 人生のモットーは「楽しかったらええねん」(笑)。 重度のねこ中毒。癒しはねこ吸引(ねこのお腹に顔をうずめて匂いを嗅ぐこと)。