2016/5/30(月)の星読み雑感

 

おはようございます、まっきーです。
2016/5/30(月)の星読み雑感をお届けします。

• 今日の月:うお座
• 今日の月のこよみ:下弦の月から1日目
• 月のボイドタイム:なし

※「今日の星読み雑感」について
※月のボイドタイムとは?
※海外在住の方へ。-「今日の星読み雑感」活用法

 

今日の月は、
海王星(0)、土星(90)、木星(180)、水星(60)、冥王星(60)
合計5つの星と関わります。

でも、海王星・土星・木星の関わりは、
この記事をアップする前にピークは終わっているので
今日の日中に関して影響はそう強く出てこないかなと思います。

 

ちなみにこの3つの星の関わりは、
昨日の下弦の月にも関わってきていた星です。

詳しくは昨日の記事を読み返していただければと思いますが、
基本的に、心はちょっと不安定になりやすい。
これでいいんだ、と決めても、迷ったり、不安になったり。
楽観的になったと思ったら、急に悲観的な気持ちが襲ってきたり…と
なかなかジェットコースター的なアップダウンがあるかもしれません。

 

それでも、お昼前くらいからは
月は冥王星と水星からサポートを受けるので
上に書いたような心の揺らぎは落ち着いてくるでしょう。

もしどうしても不安感が強かったり、
頭の中が混乱している状態が続いているのであれば、
今、心や頭の中にあることをすべて紙に書き出してみてください。

箇条書きでも、殴り書きでもいいですし、
もちろん、きちんと文章にするのもオッケー。
マインドマップ的なものを活用するのもいいですね。

 

何が不安なのか?
どうなったら安心なのか。
その安心を得るために私ができることは何か。

何に迷っているのか?
どうして迷っているのか?
それらの選択肢のメリットとデメリットは?
私は何を一番大切にしたいの?

…という感じで、紙に向かって自分自身と対話をしてみてください。

そうすることで心と頭が整理されますから、
すぐに解決方法は見つけられなかったとしても、
もやもやした状態からは解放されるはずです。

 

その他の雑感。

  • もし今よりももっと高みを目指せるのであれば、
    躊躇わずに自分を高みへと導く道を選んでみるといいでしょう。
    やりたいと思うことは、やってみる。
    できるかできないか、は、やってみないとわからないから。
    (頭での想像は、所詮、想像の範囲。リアルは簡単に想像を超える)
  • 今はまだ50センチしか飛べないのに、2メートルを飛ぼうとしない。
    もちろん、2メートルを目指す気持ちを持つのはいいこと。
    でも、今は越えることのできない1.5メートルの距離を見て
    自分を否定したり、やる気を失ったりしないように。
  • 今日の朝、月と関わる海王星・土星・木星の3つの星。
    この3つの星はそろそろ金星とも関わり始めています。
    金星=対人関係や恋愛、パートナシップの星という部分をピックアップして読むと、
    その人との関係に迷いが生まれたり、関係にけじめをつけたり…ということも。
    相手を思いやることはとても大切だけれど、
    ときに自分のエゴのために自分の行動を決めるということも必要。
  • 自分の人生は誰のためのものか?誰が私を幸せにするのか?
    幸せは人から与えられるものでも、外部環境によって決まるものではなく、
    自分の心で感じるもの、ということをお忘れなく。

 

それでは、今日も素敵な1日となりますようにお祈りしております゜:。+゜。o○☆

# 毎夜毎夜、猫じゃらしを振り回していたら、手のひらにタコができました。猫じゃらしタコて、聞いたことないわ。笑(補足・ひとりで振り回しているわけではありません)

 

ランキングに参加しています。
最後に2つのバナーのポチッとクリックして応援していただけると、
とっても励みになります!よろしくお願いします 😀
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ



☆★モニター募集終了★☆
【星読みを一切使用しない!新メニュー】境界線構築ワーク
・1回コース 5,000円
・1か月・4回コース 10,000円
・2か月・8回コース 20,000円


「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

星読み師まっきー(永山まきこ)

大阪在住。太陽みずがめ・月おうし。ねこ中毒(重度・笑)。 2010年より「星読み師」としてプロ活動を開始。 現在は、個人セッション(対面・通信)を中心に、マンツーマン/グループでの星読み講座を開催し、講師活動も行う。2015年2月より大阪・中津にオフィスを構え、全国各地・海外から多数のクライアントが訪れている。