4/30に始まったやぎ座土星逆行を「責任」という視点から解説。 ― 2019/5/2(木)今日の星読み雑感

 

おはようございます、星読み師まっきーです。
2019/5/2(木)の星読み雑感をお届けします。

※「今日の星読み雑感」について
※海外在住の方へ。-「今日の星読み雑感」活用法

 

 

1.5/2(木)のホロスコープと月情報

 

 

※東京お昼12時、プラシーダスハウスで算出。

 

2.今日の星の動きメモ


※@時間について。
角度を書いている場合は、天体が正確なアスペクトを取るタイミング、
天体のサイン移動は、次のサインに移る時間を書いています。

@23:38
月と金星が0度

今日の月が関わる星は、
金星のみ。

その他の星とは、一切関わりません。

 

月と金星がセットになって、
他の星から孤立している様子を見ていると、
「好きなことして過ごしたらいいんじゃない」
という気しかしません。(笑)

なので、
今日、お仕事の方は、
もしかすると
「働きたくないよー」という気持ちが
出てくるかも・・・。

 

もし今日、お仕事だったり、
その他、何かしらのやるべきことを
抱えていらっしゃる方で
「こんなことしたくない」
「楽しいことだけしたい」
「好きなことだけしたい」
「何もやりたくない」と思われたときは、
無心でやるべきことをやり遂げましょう。

何を思ったところで
やらざるを得ないのですから。

 

無心、は、
めっちゃ効きます。

もう、ただ目の前のことをやる。
作業をすることに集中する。

他のことは何も考えない。

・・・ってすると、
案外、心に負荷なく、
やるべきことをやり終えることができたりします。

 

まぁ、でも、
これは短期使用がオススメです。

何かをやる度に
毎回「こんなことやりたくない」と
思うようであれば、
根本から見直していってくださいね。

 

そんなにやりたくないなら、
止める方向性を探ってみる、とか。
せめて減らせるように工夫する、とか。

ただ、場合によっては、
その「やりたくないこと」に対する先入観や
取り組む姿勢を変えるだけで、
前までは「やりたくない」と思っていたことが、
「あれ?意外と大丈夫かも」なんてこともありますから、
そういう角度で掘り下げてみるのもオススメです。

 

今日、お休みの方は、
思いつくまま好きなことをして
過ごすといいでしょう。

何かをしてもいいし、
何もしなくてもいいし、
どちらでもOK。

休みだから○○しなくちゃ!
なんて考えることなく、
無邪気に、子どものような気持ちで。

 

3.今日のぽつり。
― 4/30に始まったやぎ座土星逆行を「責任」という視点から解説。

 

今日は、4/30から逆行を開始した
やぎ座の土星についてのお話をしていきます。
(今さらですが・・・苦笑)

 

「4月の星の動き」において
土星の逆行のテーマについて
「自分の思い込みや人生の土台の見直し」
お伝えしましたが、
人生の土台を見直すときに
「責任」について意識しながら
見直すのもいいのではないかなーと思います。

(土星には”責任”というキーワードがあるので)

 

「責任」というと、
かなり重くて圧を感じさせる言葉なので、
「責任!大好き!!」と思われる方よりも
「ちょっとしんどい・・・」と思われる方の方が
多いのではないかと思いますが、

私たちが自分らしく自立して
自己実現を目指そうとするとき、
(=自分が望む人生を実現しようとするとき)
「責任」という言葉は
避けては通れないんですよね。

自分で下した選択や
自分の行動の結果を
すべて自分で引き受ける、という覚悟が必要なので。

 

自己実現とは、
他人の言いなりになるのではなく、
自分の頭で丁寧に考え、
自分の意志で選択し、決断し、行動する、
ということを積み重ねた結果です。

 

ただ、残念ながら、
その結果が自分が望むものにはならない、ということも
あったりします。

だけど、
自分で考え、選び、決断し、行動したことだから、
誰のせいにもできない。
その結果は、自分で引き受けるしかない。
これが「責任を持つ」ということです。

 

そして、
そういうとき私たちは、
往々にして
「私の考えは間違っていた」
「私の選択は間違っていた」云々と考え、
自分のことを否定してしまいます。

自分のことを疑い、責めます。
これはこの上ない苦痛です。

だから、
私たちは「責任」という言葉を聞くと、
無条件に嫌な、重い気持ちになるのです。

 

でも、
自分の選択や行動の結果が
望ましいものではなかったとしても、
本当は自分を否定する必要はないんですよ。

確かに
望みの結果を得るためには、
何かが足りなかったのか、
ズレていたのかもしれません。

 

けれど、
それは「知らなかった」とか
「不慣れだった」から、であることがほとんどです。

場合によっては、
不調だった、ということもあるでしょう。

また、その結果は、
自分の力だけでどうにかできるものではなく、
人知を超えた力によるものである場合もあります。
(詳しく説明すると長くなるので、詳細は割愛)

 

だから、
もう一度繰り返しますが、
「自分で選択し行動した結果、
望み通りにいかなかったとしても、
決して自分自身を否定する必要はない」のです。

 

そう考えると
「責任」という言葉のイメージは、
少し変わりませんか?

 

「責任」という言葉は、
もっと凛とした、誇らしい気持ちを
私たちにもたらしてくれるものだと
思うんですよね。

うまく行かなかったときに
自分を否定し、責めるため、ではなく、
自分を信頼し、堂々と立ち振る舞うために
「責任」を意識する。

そうすると
自分が発する言葉や行動の端々に
「責任」という名の誇りがちりばめられ、
自分の内側にも力強いエネルギーが湧いてくるでしょう。

 

あとは、
土星逆行期間中は、
自分がどこまで「責任」を持つのか、
持つことができるのか、ということを
考えてみるのもオススメ。

これを考えるときには、
「境界線構築ワーク」の案内記事に書いている
”人との境界線”の話や
「変えられるものと変えられないもの」という記事が
参考になるかなーと思います。

 

私たちがストレスを抱えることのひとつとして、
「本当は自分が責任を持ちたくないことなのに、
責任を持とうと思ってイライラする」ということがあるので、
これを見直すだけでも、いくつかのストレスは軽減するハズ。

 

責任範囲を誤認していることに気付くための
自分の内側から出てくる言葉としては、
「それは勝手にしてくれ」
「それは私は知らない」
「それは私の仕事じゃない」
みたいなものがあります。

これらが出てきたら、
「あれ?責任を持ちたくないことまで
責任持とうとしてない?」と
自分の思考をチェックしてみてくださいね。

 

***

それでは、今日も1日、目の前の時間を楽しんで!

 

★ランキングに参加しています。
最後に2つのバナーのポチッとクリックして応援していただけると、
とっても励みになります!よろしくお願いします 😀
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

 

★星の話をするかもしれないし、心の話をするかもしれないし。
どちらの話もしないかもしれないし。
役に立つかもしれないし、役に立たないかもしれないし。
そんな感じのゆるーいメルマガ。※思いつき不定期発行です※

⚠携帯会社のアドレスからお申し込みの方は、
reservestock.jpの受信許可設定を行ってください。

まだ未登録の方はよろしければ、下記フォームよりご登録ください。
(上の欄に名字、下の欄にお名前をご記入ください)

 

【星読み師まっきーのゆるメルマガ】

▼読者登録フォーム▼
お名前(姓名)
 
メールアドレス

 

スポンサーリンク




「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

星読み師まっきー(永山まきこ)

2010年より「星読み師」としてプロ活動を開始。 太陽みずがめ・月おうし。大阪在住。
「行動しない」「文句ばっか言う」「自分嫌い」な状態から星読みと心の観察を通して「行動する」「文句を活かす」「自分OK」な状態へと変化させた自身の経験をベースに星と心の情報を発信。 星読み師としての活動のテーマは、「生き辛さを抱えている人が心軽やかに生きていくための具体的で実行しやすいヒントを伝えること」。
2018年より「人の心に希望の光を灯す星読みができる人を増やすこと」を目標に掲げ、定期的に西洋占星術講座を開講。
-----
物事の判断基準は、おもしろいか、楽しいか、カッコいいか。 人生のモットーは「楽しかったらええねん」(笑)。 重度のねこ中毒。癒しはねこ吸引(ねこのお腹に顔をうずめて匂いを嗅ぐこと)。